このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova StyleVision 2020 Enterprise Edition

以下の操作により、HTML ドキュメントから新たな SPS ファイルを作成することができます:

 

1.メニューオプションから「ファイル | 新規作成 | HTML ファイルから新規作成」を選択します。

2.表示されるファイルを開くダイアログにて、インポートする HTML ファイルを選択し、開くボタンをクリックします。

3.相対パスを絶対パスへ変換するか尋ねられます。適切なオプションを選択してください。

 

新規 SPS ドキュメントが作成されます。デザインビューには、StyleVision にて使用することのできる定義済み HTML フォーマットのマークアップとともにドキュメントが表示されます(以下のスクリーンショットを参照)。  

 

HXOpenHTML

 

HTML ドキュメントがメインテンプレート内に表示されていることに注目してください。グローバルテンプレートは存在しません。

 

スキーマツリーサイドバーにて、ユーザールートという名前のドキュメント要素とともに、ユーザー定義スキーマが作成されます(以下のスクリーンショットを参照)。

 

WinSchemaSrcCreateUDSchema2

 

全てのグローバル要素のリストにグローバル要素が表示されていないことに注目してください。

 

SPS 構造とデザイン

SPS には単一のテンプレート(メインテンプレート)が含まれており、このテンプレートは一時的な内部 XML ドキュメントのドキュメントノードへ適用されます。スキーマツリーウィンドウにて作成されたユーザー定義スキーマの構造に従うかたちで、この XML ドキュメントは作成されます。この時点でデザインビューには、メインテンプレート内部の HTML ドキュメントコンポーネントが静的コンポーネントとして SPS 内に表示されます。これら HTML コンポーネントは、Authentic View にて読み取り専用の非 XML コンテンツコンポーネントとして処理されます。XSLT スタイルシートには、これらの HTML コンポーネントがリテラル結果要素として含まれます。この時点のスキーマには、ドキュメント要素のユーザールートしか含まれておらず、一時的な内部 XML ドキュメントにはドキュメント要素のユーザールートだけが含まれます。

 

以下にあるいずれかの方法により、ユーザー定義スキーマにて選択した HTML を、要素や属性として作成することができます:

 

1.選択対象を要素または属性へ変換します。デザインにはノードタグがコンテンツプレースホルダとともに挿入されます。スキーマには要素または属性が作成されます。スキーマでは要素または属性が作成され、XML ドキュメントでは選択対象が XML ドキュメントにて作成されたスキーマノードのテキストコンテンツに変換されます。XML ドキュメントにて作成されたノードのコンテンツは、SPS を介して得られた出力へ動的に挿入されます。

2.選択対象を要素または属性で囲みます。デザインでは選択対象がノードタグにより囲まれ、コンテンツプレースホルダは挿入されません。つまり、選択対象は静的コンテンツとして SPS デザインに表示されます。スキーマでは要素または属性が作成され、XML ドキュメントでは、空のノードが作成されます。スキーマノードタグ内にある静的テキストは出力されるものの、コンテンツプレースホルダがデザイン内部で明示的に挿入されない限り、このノードに対して動的コンテンツが出力されることはありません。

 

コンテンツプレースホルダにより、XML ドキュメントから得られたデータが(出力にて)表示される場所や( Authentic Viewにて)編集可能な場所が示されます。

 

 

 

(C) 2019 Altova GmbH