このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova StyleVision 2020 Enterprise Edition

StyleVision インストールパッケージには、アプリケーション フォルダー: <ApplicationFolder>\Examples\ActiveX\Java\ の ActiveX サンプルフォルダーにあるサンプル Java プロジェクトが含まれています。

 

Java サンプルは、 Java. を使用して作成された共有されるデスクトップ アプリケーション内に StyleVisionControl を統合する方法を示しています。

 

 

バッチファイル BuildAndRun.bat を使用してコマンドラインからテストすることができ、また、 Eclipse 内からサンプルプロジェクトをコンパイルして実行することもできます。これらのプロシージャの使用方法を参照してください。

 

 

ファイルリスト

Java サンプルフォルダーには、サンプルプロジェクトを作動するために必要な全てのファイルが含まれています。 これらのファイルは下にリストされています:

 

.classpath

Eclipse プロジェクトヘルパーファイル

.project        

Eclipse プロジェクトファイル

AltovaAutomation.dll

Java-COM ブリッジ: DLL パート (32-ビットインストール用)

AltovaAutomation_x64.dll

Java-COM ブリッジ: DLL パート (64-ビットインストール用)

AltovaAutomation.jar

Java-COM ブリッジ: Java ライブラリパート

BuildAndRun.bat

コンパイルするバッチファイル、および、コマンドラインプロンプトからサンプルコードを実行します。 Java 仮想マシンがパラメータとして存在する箇所にフォルダーが期待されます。

StykeVisionActiveX.jar

StyleVision ActiveX コントロールの Java クラス

StyleVisionActiveX_JavaDoc.zip

Java API のためのヘルプドキュメントを含む Javadoc ファイル

StyleVisionContainer.java

Java サンプルソースコード

StyleVisionContainerEventHandler.java

Java サンプルソースコード

StyleVisionDialog.java

Java サンプルソースコード

 

 

サンプルの内容

サンプルは、 AWT フレームウィンドウ内で StyleVision ドキュメント エディターウィンドウ、StyleVision プロジェクトウィンドウ、StyleVision スキーマツリーウィンドウ と StyleVision デザイン概要ウィンドウを表示します。 StyleVision のためにメインメニューを読み取ります。、同じ構造を持つ AWT メニューを作成します。 このメニューまたはプロジェクトを使用して、ドキュメントエディター内でファイルを開き作業することができます。

 

サンプルを必要に応じて変更することができます.

 

コードリスト内で次の特定の機能が説明されています:

 

ActiveX コントロールの作成: 自動サーバーとして考えられている StyleVision を返します。または、作動中の場合、 StyleVision をアクティブ化します。

コントロール内のデータのロード: StyleVision にインストールされているサンプルドキュメントの1つを検索し開きます。

基本のイベントハンドリング: すべての開かれているドキュメントのビューをテキストビューに変えます。コードも開かれているドキュメント内での反復の方法を示しています。

メニュー: アクティブなドキュメントを検証し、メッセージボックス内に結果を表示します。 コードは出力パラメータの使用方法について説明しています。

UI アップデートイベントハンドリング: StyleVision イベントの処理方法について説明しています。

StyleVision ノードツリーの作成: StyleVision ノードツリー の作成とモーダルアクティブ化について説明しています。

 

 

サンプルフォルダーへのパスの更新

与えられているサンプルを作動する前に、 StyleVisionContainer.java ファイルを編集します。 具体的には、 StyleVision サンプルファイルが使用中のオペレーティングシステム上で保存されている実際のフォルダーを参照する次のパスを確認します :

 

// Locate samples installed with the product.
final String strExamplesFolder = System.getenv( "USERPROFILE" ) + "\\My Documents\\Altova\\StyleVision2020\\StyleVisionExamples\\";

 

 

 

コマンドラインからサンプルを実行する

コマンドラインからサンプルを作動します:

 

1.すべての必要条件が満たされていることを確認してください (次を参照してください: 必要条件).

2.コマンドプロンプトウィンドウを開き、サンプル Java プロジェクト フォルダーに対して現在のディレクトリを変更し、次を入力します:

buildAndRun.bat "<Path-to-the-Java-bin-folder>"

3.「Enter」を押します。

 

StyleVisionContainer.java 内の Java ソースがコンパイルされ、実行されます。

 

 

Eclipse 内でサンプルをコンパイルし実行する

サンプル Java プロジェクトを Eclipse にインポートする:

 

1.すべての必要条件が満たされていることを確認してください (次を参照してください: 必要条件).

2.ファイル メニュー から、「インポート」をクリックします。

3.「ワークスペースで既存のプロジェクトを開く」 を選択し、次の場所にある Eclipse プロジェクトファイルを参照します: <ApplicationFolder>\Examples\ActiveX\Java\。このフォルダーでは書き込みのアクセスがないため、インポートダイアログボックス上の 「ワークプレースにプロジェクトをコピーする」 チェックボックスを選択することが奨励されます。

 

サンプル アプリケーションを作動するには、Package Explorer 内のプロジェクトを右クリックし、コマンド 「実行 | Java アプリケーション」を選択します。

 

コード内のコメントを使用すると Java API クラスのためのヘルプを使用することができ、と Eclipse 内で Javadoc ビューを有効化するには、メニューコマンド 「Window | ビューの表示 | JavaDoc」を選択してください。

(C) 2019 Altova GmbH