このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova StyleVision 2020 Enterprise Edition

以下に示されるチャート関数により、チャートをイメージとして作成、生成、保存することができます。これらの機能は、お使いの Altova 製品で、以下に記される方法によりサポートされます。しかしながら、将来使用されるバージョンの製品において、以下にある関数のサポートが打ち切られたり、個々の振る舞いが変化する可能性があることに留意してください。将来のリリースにおける Altova 拡張関数のサポートについては、そのバージョンのドキュメンテーションを参照ください。

 

(XSLT 関数ではない) チャートに関する XPath 関数は、 2 つのグループに分けられています::

 

チャートの生成と保存を行う関数

チャートの作成を行う関数

 

メモ :チャート関数は、Enterprise ならびに サーバー エディションの Altova 製品でしかサポートされていないことに注意してください。

 

メモ :サーバーエディションのチャートでサポートされるイメージのフォーマットは jpg、 png、 および bmp です。無損失圧縮のため、推奨されるオプションは png です。 Enterprise エディションでサポートされるフォーマットは jpg. png、 bmp、 および gif です。

 

 

チャートの生成と保存を行う関数

これらの関数は、(チャート作成関数により得られた)チャートオブジェクトを受け取り、イメージの生成を行うか、イメージをファイルへ保存します。

 

altova:generate-chart-image ($chart, $width, $height, $encoding) as atomic

 

以下の説明を参照ください

 

$chartaltova:create-chart 関数により得られたチャート拡張アイテムです。

$width ならびに $height により大きさを指定する必要があります。

$encodingx-binarytobase64 または x-binarytobase16 であることができます。

 

関数からは、指定されたエンコーディングならびにイメージフォーマットにてチャートのイメージが返されます。

 

altova:generate-chart-image ($chart, $width, $height, $encoding, $imagetype) as atomic

 

以下の説明を参照ください

 

$chartaltova:create-chart 関数により得られたチャート拡張アイテムです。

$width ならびに $height により大きさを指定する必要があります。

$encodingx-binarytobase64 または x-binarytobase16 であることができます。

$imagetype は次のフォーマットから選択することができます: pnggifbmpjpgjpeggif はサーバー製品でサポートされていないことに注意してください。ページの上のメモを参照してください。

 

関数からは、指定されたエンコーディングならびにイメージフォーマットにてチャートのイメージが返されます。

 

altova:save-chart-image ($chart, $filename, $width, $height) as empty() (Windows のみ)

 

以下の説明を参照ください

 

$chart  は altova:create-chart 関数により得られたチャート拡張アイテムです。

$filename は保存されるチャートイメージのファイルパスならびにファイル名です。

$width ならびに $height により大きさを指定する必要があります。

 

関数により $filename で指定されたファイルにチャートイメージが保存されます。

 

altova:save-chart-image ($chart, $filename, $width, $height, $imagetype) as empty() (Windows のみ)

 

以下の説明を参照ください

 

$chartaltova:create-chart 関数により得られたチャート拡張アイテムです。

$filename は保存されるチャートイメージのファイルパスならびにファイル名です。

$width ならびに $height により大きさを指定する必要があります。

$imagetype は次のフォーマットから選択することができます: pnggif、bmp、jpg、jpeg。 gif はサーバー製品でサポートされていないことに注意してください。ページの上のメモを参照してください。

 

指定されたイメージフォーマットで $filename により指定されたファイルにチャートイメージが保存されます。

 

 

チャートの作成を行う関数

以下の関数によりチャートの作成を行うことができます

 

altova:create-chart($chart-config, $chart-data-series*) as chart extension item

 

以下の説明を参照ください

 

$chart-configaltova:create-chart-config 関数または altova:create-chart-config-from-xml  関数により取得された chart-config 拡張アイテムとなります。

$chart-data-seriesaltova:create-chart-data-series 関数または altova:create-chart-data-series-from-rows  関数により取得されたchart-data-series 拡張アイテムとなります。

 

関数により、引数により与えられたデータから作成されたチャート拡張アイテムが返されます。

 

altova:chart($chart-config, $chart-data-series*) as chart extension item

 

以下の説明を参照ください

 

$chart-config はチャート構成拡張アイテムです。 順序の決まっていない4つのキーのシリーズです: 4つのキーが "width"、"height"、"title"、および "kind" である値ペアです。widthheight の値は整数です。kind の値は以下のとおりです: Pie、 Pie3d、 BarChart、 BarChart3d、 BarChart3dGrouped、 LineChart、 ValueLineChart、 RoundGauge、 BarGauge

$chart-data-series は各配列がチャートデータ系列を定義するサイズ 3 の配列です。各配列は以下により構成されています: (i) データ系列の名前 (ii)  X-軸の値 (iii) Y-軸の値。 複数のデータ系列は提供される場合があります。このサンプルでは、例えば、2つのデータ配列はそれぞれ月々の最高および最低気をんを提供します。

 

巻数は引数を介して提供されるデータから作成されたチャート拡張アイテムを返します。

 

サンプル: altova:chart( map{'width':800'height':600"kind":"LineChart""title":"Monthly Temperatures"}, (['Min'$temps/Month, $temps/Month/@min], ['Max'$temps/Month, $temps/Month/@max]) )

 

altova:create-chart-config($type-name, $title) as chart-config extension item

 

以下の説明を参照ください

 

$type-name により、以下から作成される種類のチャートが選択されます: Pie、Pie3d、 BarChart、BarChart3d、BarChart3dGrouped、 LineChart、ValueLineChart、RoundGauge、BarGauge

$title によりチャートの名前が指定されます。

 

関数により、チャートの構成情報が含まれる chart-config 拡張アイテムが返されます。

 

altova:create-chart-config-from-xml($xml-struct) as chart-config extension item

 

以下の説明を参照ください

 

$xml-struct はチャートの構成情報が含まれる XML 構造です。

 

関数により、チャートの構成情報が含まれる chart-config 拡張アイテムが返されます。この情報は XML データフラグメントから与えられます。

 

altova:create-chart-data-series($series-name?, $x-values*, $y-values*) as chart-data-series extension item

 

以下の説明を参照ください

 

$series-name  により、系列の名前が指定されます。

$x-values  により、 X-軸値のリストが与えられます。

$y-values  により、Y-軸値のリストが与えられます。

 

関数により、チャートの作成に必要なデータの情報(系列の名前と軸のデータ)が含まれる chart-data-series 拡張アイテムが返されます。

 

altova:create-chart-data-row(x, y1, y2, y3, ...) as chart-data-x-Ny-row extension item

 

以下の説明を参照ください

 

x はチャートデータ行の X-軸カラムにおける値です。

yN は Y-軸カラムの値です。

 

関数により、1つの系列の X-軸カラムならびに Y-軸カラムに対するデータが含まれる chart-data-x-Ny-row 拡張アイテムが返されます。

 

altova:create-chart-data-series-from-rows($series-names as xs:string*, $row*) as chart-data-series extension item

 

以下の説明を参照ください

 

$series-name は作成される系列の名前です。

$row は系列として作成される chart-data-x-Ny-row 拡張アイテムです。

 

関数により、系列の X-軸ならびに Y-軸に関するデータが含まれる chart-data-series 拡張アイテムが返されます。

 

altova:create-chart-layer($chart-config, $chart-data-series*) as chart-layer extension item

 

以下の説明を参照ください

 

$chart-configaltova:create-chart-config 関数または altova:create-chart-config-from-xml 関数により取得された $chart-config 拡張アイテムです。

$chart-data-seriesaltova:create-chart-data-series 関数または altova:create-chart-data-series-from-rows 関数により取得された chart-data-series 拡張アイテムです。

 

関数により、チャートのレイヤーデータが含まれる chart-layer 拡張アイテムが返されます。

 

altova:create-multi-layer-chart($chart-config, $chart-data-series*, $chart-layer*)

 

以下の説明を参照ください

 

$chart-configaltova:create-chart-config 関数または altova:create-chart-config-from-xml 関数により取得されたchart-config 拡張アイテムです。

$chart-data-series  は altova:create-chart-data-series 関数または altova:create-chart-data-series-from-rows 関数により取得された chart-data-series 拡張アイテムです。  

$chart-layeraltova:create-chart-layer 関数により取得された chart-layer 拡張アイテムです。

 

関数により、複数レイヤーのチャートアイテムが返されます。

 

altova:create-multi-layer-chart($chart-config, $chart-data-series*, $chart-layer*, xs:boolean $mergecategoryvalues)

 

以下の説明を参照ください

 

$chart-configaltova:create-chart-config 関数または altova:create-chart-config-from-xml 関数により取得されたchart-config 拡張アイテムです。

$chart-data-seriesaltova:create-chart-data-series 関数または altova:create-chart-data-series-from-rows 関数により取得された chart-data-series 拡張アイテムです。  

$chart-layeraltova:create-chart-layer 関数により取得された chart-layer 拡張アイテムです。

$mergecategoryvaluestrue の場合、複数のデータシリーズをマージします。 false の場合はマージしません。

 

関数により、複数レイヤーのチャートアイテムが返されます。

 

(C) 2019 Altova GmbH