このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova StyleVision 2020 Enterprise Edition

StyleVision にはデータソースをセットアップするために必要とするステップを導くウィザードが搭載されています。

 

ウィザードのステップを開始する前に、データベースの一部の種類は、データベースドライバーまたはデータベースクライアントソフトウェアなどの複数のデータベースの必須条件を個別にインストールまたは構成する必要があることに注意してください。これらは、通常各データベースのベンダーにより提供され、特定の Windows バージョン用に調整されたドキュメントを含みます。データベースの種類別にグループ化されたデータベースドライバーのリストに関しては、をデータベースドライバーの概要参照してください。

データベース接続ウィザードを開始するには次を行ってください:

「ファイル」 メニューから、 「データベーススキーマの比較」 または 「データベースデータの比較」 をクリックします。

データベース接続ウィザードを開始するには次を行ってください:

「ファイル」 メニューから、 「データベースへの接続の作成」をクリックします。

データベースをソースまたはコンポーネントをマッピングに追加するには以下を行ってください:

挿入 メニューから、データベースをクリックしください。

データベースを再利用可能なグローバルリソースとして追加するには以下を行ってください:

1.ツール メニューから、[グローバルリソース]をクリックします。

2.「追加」 をクリックして、データベースをクリックします。

3.[データベースの選択] をクリックします。

データベース接続ウィザードを開始するには次を行ってください:

(ページデザインビューの)ページソースペインから、[ソースの追加] ボタンをクリックして、新しい構造を選択します。

DB クエリビューから、ビューの左上の [クイック接続] ボタンをクリックします。

データベース接続ウィザードを開始するには次を行ってください:

1.プロジェクトメニューから、[SQL データベースからインポート]をクリックします。

2.「新規作成」 をクリックします。

データベース接続ウィザードを開始するには次を行ってください:

「ファイル」 メニューから、「新規作成」 をクリックし、「DB から新規作成」をクリックします。

ConnectionWizardSV

 

データベースの種類を選択した後、「次へ」 をクリックします。スクリーンの指示はデータベースの種類 (ADO、ADO.NET、ODBC、JDBC) およびドライバーにより異なります。

 

例えば、各データベースの種類に適用できるサンプルはデータベース接続のサンプル のセクションを参照してください。各データベースへのアクセス技術に関しては以下のトピックを参照してください:

 

ADO 接続の設定

ADO.NET 接続の設定

ODBC 接続の設定

JDBC 接続の設定

(C) 2019 Altova GmbH