このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova StyleVision 2020 Enterprise Edition

このトピックでは ODBC ドライバーを使用した、 Windows マシンから  PostgreSQL データベース への接続のサンプル手順について説明されています。 Windows からは、  PostgreSQL  ODBC ドライバーを入手することができませんので、個別にダウンロードおよびインストールする必要があります。 このサンプルでは、公式 Web サイトからダウンロードされた psqlODBC ドライバー (バージョン 11.0) を使用しています。  (データベースドライバー概要も参照してください)。

 

メモ:(ODBC ドライバー無しで)直接 PostgreSQL データベースサーバーに接続するには、次を参照してください: PostgreSQL 接続のセットアップ

 

前提条件:

 

psqlODBC ドライバーを使用中のオペレーティングシステムにインストールする必要があります。

データベース接続の詳細: ホスト、データベース、ユーザー名およびパスワード

 

 

ODBC を使用した PostgreSQL への接続をセットアップする方法:

1.データベース接続ウィザードを開始します。

2.PostgreSQL (ODBC) をクリックします。

3.ユーザー DSN オプションを選択します。

4.「新規の DSN の作成」 DSN_add をクリックし、ドロップダウンリストからドライバーを選択します。 PostgreSQL ドライバーがリスト内で使用できない場合、上記の必要条件で説明されているとおり、 PostgreSQL ODBC ドライバーがオペレーティングシステム上にインストールされていることを確認してください。

dbc_postgresql_odbc_01

5.「ユーザー DSN」をクリックします。

dbc_postgresql_odbc_02

6.データベース資格情報を入力し、「保存」をクリックします (これらはデータベースオーナーにより提供されています)。

 

接続は ODBC 接続のリスト内で使用できるようになります。データベースに接続するには、 接続をダブルクリックし、「接続」をクリックします。

dbc_postgresql_odbc_03

(C) 2019 Altova GmbH