チャートの基本設定

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  SPS ファイル: コンテンツ > チャート > チャートの設定と外観 >

チャートの基本設定

このセクション:

 

チャートの種類の設定
チャートの種類のリスト
他の基本設定

 

 

チャートの種類の設定

最も基本的な設定はチャートの種類です。 チャートの種類を選択するには、チャート構成ダイアログのチャート設定ペイン内の 「種類の変更」 をクリックします。

ChartSettingsPaneSV

ChartTypeDialogSV

チャートの種類は、チャートウィンドウにある 「種類の変更」ボタンをクリックすることで表示される、 種類の変更ダイアログ ボックスにて定義されます。(上のスクリーンショット)、チャートの種類を選択して、 [OK] をクリックします。

 

Click to expand/collapse円チャート

円グラフでは、単一軸の値を表示し、別の軸により値のラベル付けを行います。

chart_pie-2DSVXS

 

Click to expand/collapse棒グラフ

棒グラフでは、X-軸に数値以外の値を使用することができます。

ChartExBarPerRegion

上のサンプルで表示されるように次のセットの3つの値を使用することもできます: (i) 地域、 (ii) 年度、 (iii) 売り上げ。 棒グラフは 2D ならびに 3D にて表示することができます。

ChartBar2DSeries

更に、スタックされた棒グラフを使用することで、チャートに含まれている系列の合計を表示することができます。

ChartBarStacked

 

Click to expand/collapse折れ線グラフ

通常の折れ線グラフ(下左のスクリーンショット)と値付き折れ線グラフ(下右のスクリーンショット)の違いは、値付き折れ線グラフでは、X-軸に数値カラムしか使用することができない点にあります。折れ線グラフのX-軸に文字列を使用したい場合には、[種類の変更] ダイアログボックスの右ペインから折れ線グラフを選択してください。

chart_value        chart_valueline

 

Click to expand/collapseエリアチャート

エリアチャートとは、線の下の面が色付けされる折れ線グラフの1種類です。エリアチャートはスタックすることができます。

ChartAreaStd

 

Click to expand/collapseローソク足チャート

ローソク足チャートは、ある期間内における証券やデリバティブ、または通貨といった値の動きを表示するために使用されます。チャートには資産の動きが表示され、毎日の終値だけでなく、高値、安値、そしてオプションとして始値を表示することができます。4つの系列(始値、高値、低値、終値)を定義すると、チャートは以下のように表示されます。

ChartCandlestickGen

 

Click to expand/collapseゲージチャート

ゲージチャートには1つの値が最低ならびに最高値とともに表示されます。

Click to expand/collapse

 

 

 

他の基本設定

チャート設定ペインでは、チャートのタイトルを設定することができます (下のスクリーンショット参照)。

ChartSettingsPaneSV

更に:

 

チャートの高さと幅はチャート設定ペインに静的な値として直接入力することができます。
ピクセル密度 設定により出力内のチャートイメージの解像度を指定することができます。高さと幅の設定のパーセンテージを設定します。 例えば、 : チャートが高さ 250px と幅 250px に指定されると、ピクセル密度は 200% に設定され、 500px x 500px  のチャートイメージファイルが作成されます。このイメージファイルは250px x 250px のディメンションに制約され、更に高度な解像度のイメージが作成されます。
チャートのためのイメージファイルの場所と名前を指定するには 「イメージファイル設定」 ボタンをクリックします。このイメージファイルはプレビューが生成される際または、生成されたファイルの保存 コマンドが使用された際に使用されます。 イメージファイルのプレビューは StyleVision が閉じられると削除されます。

 


(C) 2019 Altova GmbH