使用方法の概要

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム > 

使用方法の概要

目的

StyleVision で作成された SPS ドキュメントを使用することで、HTML に対応した XSLT スタイルシートを生成することができます。SPS から生成されたスタイルシートを使用することで、SPS のそれと同じスキーマをベースにした任意の XML ドキュメントを変換することができます。

 

SPS 作成のステップ

SPS を作成するためのステップ概要を以下に示します:

 

1.新たに作成された空の SPS に対してスキーマを割り当て ます。スキーマとは、(i) スキーマファイル(DTD または XML スキーマ)、(ii) DB から生成された XML スキーマ(Enterprise ならびに Professional Edition のみ)、(iii) XBRL タクソノミをベースにしたスキーマ(Enterprise Edition のみ)、(iv) ユーザー定義スキーマ(StyleVision にて直接作成)のいずれかになります。この操作はデザイン概要サイドバーにて行うことができます。 または、ファイル | 新規作成 コマンドにより、スキーマから直接新規 SPS を作成することもできます。
2.SPS に作業用 XML ファイルを割り当てます作業用 XML ファイル により、 出力プレビューを生成する時に SPS にて処理される XML データが与えられます。作業用 XML ファイルデザイン概要サイドバー にて割り当てられ、 新たなスキーマに対する作業用 XML ファイルにより出力を  StyleVision でプレビューすることができます。
3.使用する XSLT のバージョンを選択します
4.Internet Explorer の互換性 を選択して、インストールされている Internet Explorer のバージョンに合致するようにします。
5.デザインビュー では、様々なデザインコンポーネントにより SPS ドキュメントをデザインすることができます。デザインの作業 はドキュメント構造の作成と、 表示プロパティの定義から構成されます。
6. 出力のテストを行います。デザインへの修正が必要とされる場合、修正を行った後に SPS を再度テストします。
7.XSLT ファイルや 出力ファイル が必要とされる場合、それらのファイルを 生成します

 

 

 


(C) 2019 Altova GmbH