新規 SPS の作成

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  クイックスタートチュートリアル >

新規 SPS の作成

このセクションでは、以下の項目について学習します

 

新規 SPS  ドキュメントの作成方法
SPS に対してスキーマソースを追加する
SPSの XSLT バージョンを追加する
作業用 XML ファイル割り当て
出力のエンコードの指定
SPS ドキュメントの保存

 

このセクション内のファイル

このセクション内で参照されているファイルは以下の場所で見つけることができます: マイドキュメントフォルダー C:\Documents and Settings\<username>\My Documents\Altova\StyleVision2019\StyleVisionExamples\Tutorial\QuickStart:

 

QuickStart.xsd は SPS がベースにされている XML スキーマファイルです。
QuickStart.xml は出力プレビュー内に表示されるデータのソースである作業 XML ファイルです。
QuickStart.sps は完了済みの SPS ファイルです。 このファイルを使用して作成した SPS ファイルを比較することができます。

 

新規 SPS ドキュメントの作成

新規 SPS ドキュメントを作成するには、メニューオプションからファイル | 新規作成 | 新規作成(空) を選択するか、アプリケーションツールバーにある 新規アイコン ic_newfromschema ic_new をクリックします。

 

新規デザインを作成ダイアログボックスが表示され、(i) フリーハンドのドキュメントデザイン、または (ii) フォームをベースにしたドキュメントデザイン(コンポーネントが絶対位置で指定されます)から選択を行うように促されます。

 

DlgCreateNewDesign

 

フリーハンドのドキュメントデザインでは、ドキュメントコンテンツが出力メディアオブジェクト(印刷物や画面)にフィットするようにレイアウトされます。ドキュメントコンテンツ内のアイテムは相対的にしか配置することができず、絶対位置を指定することはできません。このオプションは、レポートや記事、書籍などのデザインに適しています。

 

フォームをベースにしたドキュメントには単一の レイアウトコンテナー が作成され、その中でデザインコンポーネントを絶対位置で指定することができます。レイアウトコンテナーには、絶対位置でレイアウトボックスを配置することができ、各レイアウトボックス内にドキュメントコンテンツを配置することになります。既にあるフォームのデザインを SPS にて再現したい場合、オリジナルのフォームイメージを青写真イメージ として使用することができます。青写真のイメージをレイアウトコンテナーの背景として含めることができ、フォームのデザインに役立てることができます。

 

 

ここではフリーハンドのドキュメントを作成します。フリーハンドのドキュメントを作成ラジオボタンをクリックして、「OK」 をクリックしてください。

 

SPS1.sps という名前の新規ドキュメントが作成され、 デザインビュー に表示されます(以下のスクリーンショットを参照)。

 

TutQS_NewCreateStd

 

デザインビュー にて空のメインテンプレートが表示されます。 デザイン概要スキーマツリー サイドバーにおいてスキーマエントリーは表示されません。

 

スキーマソースの追加

SPS に対して QuickStart.xsd スキーマを使用します。以下の操作により、スキーマをスキーマソースとして追加することができます:

 

1.デザイン概要サイドバーから新しいソースの追加コマンドをクリックします。メニューが表示されるので、XML スキーマ/DTD/XML を追加を選択します。

 

SBDesOviewAddFilesStd

 

2.ファイルを開くダイアログボックスが表示されるので、 (マイ) ドキュメントフォルダー C:\Documents and Settings\<username>\My Documents\Altova\StyleVision2019\StyleVisionExamples\Tutorial\QuickStart\QuickStart.xsd を選択し、開くをクリックします。
3.作業用 XML ファイルを選択するように促されます。ファイルシステムからファイルを選択します。参照ボタンをクリックして、(マイ) ドキュメントフォルダー) 内の C:\Documents and Settings\<username>\My Documents\Altova\StyleVision2019\StyleVisionExamples\Tutorial\QuickStart\QuickStart.xml を選択し、開くをクリックします。スキーマがデザイン概要サイドバー内部のスキーマソースとして追加されます(以下のスクリーンショットを参照)。更に、選択した XML ファイルが、スキーマに対する作業用 XML ファイルとしてデザイン概要に表示されます。

 

TutQS_AddWorkingXMLQSStd1a

 

以下の点に注意してください: (i) デザイン概要内にある $XML エントリーに、スキーマや 作業用 XML ファイルのリストが表示され、(ii) スキーマツリーサイドバーのルート要素ツリーには、スキーマ内に定義されたグローバル要素 選択した、ルート要素 (ドキュメント要素) が表示されます。このスキーマの場合、グローバル要素 から選択した要素、この場合要素 presswatchが表示され、(iii) スキーマ内にある グローバル要素すべてのグローバル要素ツリーに表示されます。

 

XSLT バージョンの選択

この例では SPS に対して XSLT 2.0 を使用します。XSLT のバージョンを指定するには、アプリケーションツールバーから ic_xslt_20 アイコンをクリックします。

 

作業用 XML ファイルの割り当てまたは変更

これまでの操作により XML スキーマを SPS へ追加して、 作業用 XML ファイル をスキーマへ割り当てました。作業用 XML ファイルにより XML データのソースが SPS へ与えられます。作業用 XML ファイルの割り当て、変更、そして割り当て解除を行うには、デザイン概要サイドバー内にある 作業用 XML ファイル の行を右クリック(または右側にあるコンテキストメニューアイコン ic_contextmenu をクリック)して、コンテキストメニューから目的のコマンドを選択します。 作業用 XML ファイル の割り当てが行われ、デザイン概要にてファイル名を入力することができます。他の操作を行う前に、(マイ) ドキュメントフォルダー 内にある C:\Documents and Settings\<username>\My Documents\Altova\StyleVision2019\StyleVisionExamples\Tutorial\QuickStart\QuickStart.xml が作業用 XML ファイルとして割り当てられていることを確認してください。

 

出力のエンコーディングを指定する

オプション ダイアログのデフォルトのエンコードタブ (ツール | オプション) にて HTML エンコード Unicode UTF-8 に設定し、。

 

SPS ドキュメントの保存

上記の SPS のセットアップを終えた後に、 MyQuickStart.sps (マイ) ドキュメントフォルダー C:\Documents and Settings\<username>\My Documents\Altova\StyleVision2019\StyleVisionExamples\Tutorial\QuickStart フォルダーにて MyQuickStart.sps という名前でドキュメントを保存してください。 メニューコマンド ファイル | デザインを保存 」を選択するか、Ctrl+S を押下して、ダイアログにてファイル名を入力します。

 

 

 


(C) 2019 Altova GmbH