デザイン要素の挿入

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザー リファレンス > ツールバー >

デザイン要素の挿入

デザイン要素の挿入 ツールバー ツールバーには SPS デザイン内部へデザイン要素を挿入するコマンドや、関連するコマンドに対応したアイコンが含まれています。ツールバー アイコンから挿入することのできるデザイン要素を以下のスクリーンショットに示します。ツールバーには 3 種類のアイテムが収められています:

 

1.デザイン要素, :コンテキスト ノードに影響を受けます (ツールバーにある殆どの要素です)
2.レイアウト要素 :ノード コンテキストとは独立して使用できます
3.グリッドに関連する操作 :デザインの補助に使用されます

 

MnuToolbar_InsertDesElms

 

デザイン要素

デザイン要素は [挿入] メニューからも利用することができる、コンテキスト ノードに影響を受けるノードです。以下の操作により、ツールバー アイコンからデザイン要素を挿入することができます:

 

1.挿入する要素のツールバー アイコンを選択します。
2.要素が挿入されるデザイン上の場所をクリックします。選択された要素のためのデザイン要素の挿入ダイアログが表示されます ダイアログにはコンテキスト ノードがハイライトされた状態のスキーマ ツリーが表示されます。コンテキスト ノードとは、デザイン要素を挿入するために指定したカーソル位置の外側にあるノードのことです。

 

3.現在選択されているコンテキスト ノード内部にデザイン要素を挿入するには、[OK] をクリックしてください。他のコンテキスト ノードを選択するには、スキーマ ツリーにて目的のコンテキスト ノードを選択し、[OK] をクリックしてください。
4.自動計算といったデザイン要素の場合、自動計算を定義するといった操作を更に行う必要があります。そうでない場合 (例えばユーザー定義テンプレートの挿入など)、デザイン要素の挿入ダイアログがスキップされます。この場合、XPath 式 の編集ダイアログ といった、別のダイアログが表示されます。必要な情報を入力し、ダイアログの [OK] ボタンをクリックしてください。

 

挿入されたデザインの種類により、ステップ 3 または ステップ 4 でデザイン要素が挿入されます。

 

レイアウト要素

デザイン要素を挿入ツールバーには、(i) レイアウト コンテナー、(ii) レイアウト ボックス、そして (iii) ラインを挿入するための、3 つのレイアウト要素コマンドが収められています。レイアウト ボックスとラインはレイアウト コンテナー内部だけに挿入することができることに注意してください。

 

レイアウト コンテナーを挿入するには、[レイアウト コンテナーの挿入] アイコンを選択し、レイアウト コンテナーを挿入するデザイン上の場所をクリックしてください。レイアウト コンテナーの大きさについて尋ねられ、選択によりレイアウト コンテナーが挿入されます。レイアウト ボックスを挿入するには、[レイアウト ボックスの挿入] アイコンをクリックし、レイアウト ボックスを挿入するレイアウト コンテナー上の場所をクリックしてください。 レイアウト ボックスが挿入されます。レイアウト ボックス内部をクリックすると、キーボードによる文字の入力をはじめることができます。ラインを挿入するには、[ラインの挿入] アイコンをクリックして、レイアウト コンテナー内にあるラインの開始点までカーソルを移動してください。クリックによりラインの開始点がセットされ、目的の終了点までカーソルをドラッグしてください。終了点でカーソルをドロップすることで、指定された開始点から終了点までのラインが挿入されます。

 

レイアウト コンテナーやレイアウト ボックスの大きさを変更するには、レイアウト コンテナーまたはレイアウト ボックスの右端または下端までカーソルを移動させ、境界線をドラッグしてください。レイアウト ボックスを移動するには、レイアウト ボックスの上端または左端までカーソルを移動させ、カーソルの表示が十字に変わったところでドラッグによりレイアウト ボックスを新たな場所へ移動してください。

 

グリッドに関連する操作

[グリッドの表示] コマンドにより、グリッドの表示/非表示を切り替えることができます。[グリッドへのスナップ] コマンドが有効になっている場合、レイアウト コンテナー内部で作成されたレイアウト ボックスやラインが、グリッド線やグリッド線の交差点に対してスナップされます。グリッドのプロパティはオプションダイアログ ([ツール | オプション]) のデザイン タブにてセットすることができます。

 

 

 


(C) 2019 Altova GmbH