自動計算

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザー リファレンス > 挿入メニュー >

自動計算

[自動計算] を使うことで、XPath 条件式を使った値の計算を行うことができます。自動計算が挿入された箇所に値は表示されます。自動計算は SPS 内部へテキスト、入力フィールド、または複数行の入力フィールドとして挿入されます。自動計算を挿入する箇所にカーソルを配置して、右クリックするか [挿入] メニュー コマンドを使用してください。[挿入 | 自動計算] にマウス カーソルを移動すると、どのように自動計算が挿入されるかを選択するためのメニューが表示されます (以下のスクリーンショットを参照)。デザイン要素の挿入 ツールバーにある自動計算アイコンを使用することもできます。

 

MnuInsertAutocalc

 

自動計算の値が 出力 ドキュメントに表示されることになります。

 

自動計算に対する XPath 条件式

自動計算の挿入方法を選択すると、(以下のスクリーンショットに示される) XPath 式 の編集ダイアログ (下のスクリーンショット) ダイアログが表示されます。

 

Click to expand/collapse

 

構築されている条件式のコンテキスト ノードが、左側に表示されたペイン内のスキーマ ツリーでハイライトされます。XPath 条件式をテキスト ボックスへ直接入力することができるほか、(3 つあるペインのうちいずれかの) アイテムをダブルクリックすることでアイテムを挿入することができます。左側に表示されたペインのスキーマ ツリーから挿入されたノードは、([絶対 XPath] にチェックが入れられていない場合) コンテキスト ノードに対して相対的、または ([絶対 XPath] にチェックが入っている場合) 絶対的なものになります。

 

XPath 条件式を作成すると、[OK] をクリックすることで自動計算が挿入されます。

 

 

 


(C) 2019 Altova GmbH