生成されたファイルの保存

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザー リファレンス > ファイル メニュー >

生成されたファイルの保存

[生成されたファイルの保存] コマンドにあるサブメニューには、以下のファイルを保存するためのオプションが含まれています (以下のスクリーンショットを参照)。生成されたファイルの利用方法については、使用方法 | 生成されたファイルを参照ください。

 

生成された XSLT-HTML ファイルの保存

[生成された XSLT-HTML ファイルの保存] コマンドにより、 から HTML 出力を行う XSLT ファイルが生成されます。この XSLT ファイルにより、XML ドキュメントから HTML への変換を行うことができます。

 

生成された HTML ファイルの保存

[生成された HTML ファイルの保存] コマンドにより、HTML ファイルが生成されます。デザインにて複数の ドキュメントの出力 が指定されている場合、複数の HTML ファイルが生成されます。この操作には 2 つの入力ファイルが必要になります:

 

現在アクティブな SPS ファイルに割り当てられた作業用 XML ファイル。作業用 XML ファイルが割り当てられていない場合、[生成された HTML ファイルの保存] コマンドは選択不可能になります。
現在アクティブな SPS ファイルから自動的に生成される XSLT ファイル。

 

生成されたユーザー定義スキーマの保存

SPS にユーザー定義スキーマが含まれる場合に、このコマンドが有効になります。スキーマ ツリー サイドバーにて作成したスキーマが、.xsd 拡張子を持つ XML スキーマとして保存されます。

 

生成されたユーザー定義 XML データの保存

ユーザー定義のスキーマに対応する、インポートされた HTML ファイル内にあるデータが XML ファイルとして保存されます。対応するデータは XML スキーマ ノードとして作成された (デザイン ビューの) HTML ドキュメント内にあるノードとなります。

 


(C) 2019 Altova GmbH