XPath 式 の編集ダイアログ

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザー リファレンス >

XPath 式 の編集ダイアログ

XPath 式を編集 の編集ダイアログ(下のスクリーンショット)では、様々な StyleVision 機能に対して XPath 条件式の作成や編集を行うことができます。現在編集されている SPS にて選択されている XSLT バージョン により、現在編集されている SPS のためにバージョンが選択されますXPath 1.0 または XPath 2.0 が自動的に選択されます (XSLT 1.0 では XPath 1.0 が、XSLT 2.0 では XPath 2.0 が、 XSLT 3.0 では XPath 3.1 が使用されます)。

 

XPath 条件式の編集ダイアログには (i) XPath 条件式を作成するための構築モードと、(ii) 現在編集している XPath 条件式の結果を確認するための評価モードという、2 つのモードが存在します。対応するボタン ([構築]ならびに[評価]) をクリックすることで、2 つのモードを切り替えることができます。

 

XPath 条件式の編集を完了した際には [OK] をクリックしてください。

 

構築モード

構築モードでは、(i) XPath 条件式をキーボードから条件式テキスト ボックスへ入力、または (ii) 構築モードの入力ヘルパーによりノードや演算子、関数のリスト内にあるアイテムをダブルクリックしてノードの挿入を行うことにより、XPath 条件式を素早く正確に構築することができます (以下のスクリーンショットを参照)。条件式テキスト ボックスに入力された条件式にエラーが含まれる場合、条件式に赤色の下線が表示され、問題があることを示します。構築モードについては、XPath 条件式の構築で説明されています。

 

Click to expand/collapse

 

評価モード

評価モードでは、ダイアログの右側にある結果ペインにて、現在入力されている XPath 条件式の結果を確認することができます (以下のスクリーンショットを参照)。評価コンテキスト ペインには、現在割り当てられている作業用 XML ドキュメントの構造やコンテンツが表示されます。 XPath 条件式の編集ダイアログにおける評価モードの詳細については、XPath 条件式の構築で説明されています。

 

Click to expand/collapse

 

 

 


(C) 2019 Altova GmbH