デザイン ビューのシンボル

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザー リファレンス >

デザイン ビューのシンボル

SPS のデザインには通常、複数種類のコンポーネントが含まれ、各コンポーネントはそれぞれ異なるシンボルでデザイン内に表示されます。これらのシンボルは以下のようにグループ分けされます。:

 

XML ドキュメント内のノード
XML ドキュメント コンテンツ
データ入力デバイス
定義済みのフォーマット
XPath オブジェクト
URI オブジェクト

 

これらコンポーネントに対して以下の操作を行うことができます:

 

ドラッグ アンド ドロップにより移動する
(i) 編集メニューのコマンド、または (ii) 標準的な Windows のショートカットにより切り取り、コピー、貼り付け、または削除する
フォーマットを適用する
右クリックすることで、コンテキスト メニューを表示する

 

 


 

 

XML ドキュメント内のノード

XML ドキュメント内にある要素や属性は SPS デザイン ドキュメント内でタグとして表示されます。各ノードには開始タグと終了タグが含まれます。開始タグまたは終了タグをダブルクリックすることでそのノードが縮退され、ノードが縮退されると、ノード内部に含まれているすべてのコンテンツが隠されます。縮退されたノードをダブルクリックすることで、ノードが展開され、内部に含まれているコンテンツが表示されます。

 

ノードには以下の種類が存在します:

 

ドキュメントノード

 

tag_docnode_expanded        tag_docnode_collapsed

 

$XML により示されるドキュメント ノードは XML ドキュメント全体を表します。スキーマ ソースが XML ドキュメントに関連付けられている場合には緑色の $XML タグが表示され、スキーマ ソースがデータベースに関連付けられている場合には黄色の $DB タグが表示されます。上のスクリーンショットでは、OrgChart を含むドキュメント ノードが左側に、右側には縮退されたドキュメント ノードが示されています。.

 

要素ノード

 

tag_element_expanded        tag_element_collapsed

 

挿入された場所に祖先ノードが存在しない場合、すべての祖先ノードとともに要素ノードが挿入されます。上のスクリーンショットでは、展開 (左側) ならびに縮退 (右側) された Name という要素ノードが示されます。

 

属性ノード

 

tag_attnode_expanded        tag_attnode_collapsed

 

挿入された場所に祖先ノードが存在しない場合、すべての祖先ノードとともに属性ノードが挿入されます。属性ノードには という頭文字が表示されます。上のスクリーンショットでは、href 属性ノードが展開されたかたち (左側) ならびに縮退されたかたち (右側) で示されます。

 

ノードはデザイン内にノードテンプレートとして含まれます。デザインに含むことのできる異なる種類のテンプレートに関しては、次のセクションを参照してください:, テンプレートと デザインフラグメント.

 

 


 

 

XML ドキュメント コンテンツ

XML ドキュメント コンテンツは 2 種類のプレースホルダにより表示されます:

 

(contents)
(rest-of-contents)

 

contents プレースホルダは単一ノードのコンテンツを表し、ノード内に含まれるすべてのテキスト コンテンツが出力されます。ノードが属性ノードまたはテキストのみの要素ノードの場合、ノードの値が出力されます。ノードが混合コンテンツや要素コンテンツだけで構成される要素ノードの場合、子孫ノードのテキスト コンテンツが出力されます。XSLT の用語に置き換えると、contents プレースホルダは、select 属性の値によりノードが指定された xsl:apply-templates 要素と等しい振る舞いを行います。

 

メモ:contents プレースホルダが要素ノードに適用されると、その要素の属性に含まれる値は出力されません。属性ノードの値を出力するには、属性を (メインまたはグローバル) テンプレートに明示的に含める必要があります。

 

rest-of-contents プレースホルダにより、カレント ノード以下にあるその他の子要素に対してテンプレートが適用されます。この場合、各子要素に対して適用されるテンプレートはグローバル テンプレート (その要素に対して定義されている場合)、または要素のデフォルト テンプレート (テキストのみの要素からはテキストだけを出力し、子要素のテンプレートを適用) となります。例えば、titleauthorisbnpubdate という子要素を含んだ book という要素を考えてみましょう。book の定義により title 子要素だけが出力されると指定された場合、この定義が処理されることで、その他の子要素 (authorisbnpubdate) は出力されないことになります。しかし、book の定義内の title 要素直後に その他のコンテンツ プレースホルダが含まれている場合、その他の子要素 (authorisbnpubdate)、グローバル テンプレート (その要素に対する定義が存在する場合) または要素のデフォルト テンプレートも適用されることになります。

 

 


 

 

データ入力デバイス

デザインにてデータ入力デバイスを配置することで、 Authentic View ユーザーによる XML ドキュメントの正確な編集と、妥当なデータの入力がサポートされます。ノードには以下のデータ入力デバイスを割り当てることができます:

 

入力フィールド (単一行と複数行)

 

tag_attnode_expanded

 

コンボボックス

 

sym_inputfield

 

チェックボックス

 

tag_checkbox

 

ラジオボタン

 

tag_radiobutton

 

 

展開されたタグはダブルクリックすることで縮退することができますし、縮退されているタグも、ダブルクリックにより展開することができます。データ入力デバイスの細かな使用方法については、 データ入力デバイスを参照ください。

 

 


 

 

定義済みのフォーマット

定義済みフォーマットは薄い紫色のタグで表示され、ダブルクリックにより展開/縮退することができます。

 

 

tag_predefined_formats        tag_predefined_formats_collapsed

 

上のスクリーンショットでは、定義済みのフォーマット p (para) が展開された状態 (左側) と縮退された状態 (右側) で示されています。定義済みのフォーマットを適用するには、目的のアイテムを (そのアイテムをクリックするかテキストをマーキングすることで) ハイライトして、 定義済みのフォーマットを挿入します。

 

 


 

 

XPath オブジェクト

StyleVision では XPath 条件式を使用するために 2 つのメカニズムが用意されています。

 

条件テンプレート

 

tag_conditionals_when

 

条件タグは青色により表示されます。開始タグにはセルが含まれており、左端のセルには疑問符が含まれています。その他のセルには (i) 個々の when 条件に対応した 1 からはじまる数値か、(ii) その他の条件を表すオプションのアスタリスクが表示されます。条件分岐はクリックにより選択でき、選択された条件分岐の番号が開始タグにてハイライトされ、その分岐に対応するテンプレートが条件の開始タグと終了タグの間に表示されます。選択された条件分岐の XPath 条件式もデザイン ツリーでハイライトされます。条件のタグを縮退/展開することはできません。

 

自動計算

 

sym_autocalc

 

自動計算はデザイン ビューにて =(自動計算) というオブジェクトにて表示されます (上のスクリーンショットを参照)。選択された自動計算の XPath 条件式がデザイン ツリーにてハイライトされ、プロパティ サイドバーからプロパティサイドバー自動計算の編集をおこなうダイアログへアクセスすることができます。

 

 

 


 

 

URI オブジェクト

デザイン内部へ挿入することのできる URI をベースにしたオブジェクトには、以下の 3 種類があります:

 

イメージ

StyleVision からアクセスできるイメージが SPS デザインへ挿入されると、イメージがデザイン ビューに表示されます。イメージへアクセスできない場合、 SPS はイメージのプレースホルダによりマークされます。

 

ブックマーク (アンカー)

 

tag_anchor_empty        tag_anchor_empty_collapsed

 

ブックマークA という文字の入った黄色のタグにより表示されます (上のスクリーンショットを参照)。メニューから [挿入 | ブックマークの挿入] を選択することで空のブックマークが追加されるほか、コンテンツが選択された状態で [タグで囲む | ブックマーク] のメニュー オプションを選択することで、ブックマークを挿入することができます。アンカー タグは展開 (左側のスクリーンショット) ならびに縮退 (右側のスクリーンショット) することができます。

 

リンク

 

tag_link_expanded        tag_link_collapsed

 

ブックマークA という文字の入った黄色のタグにより表示されます (上のスクリーンショットを参照)。メニューから [挿入 | ブックマークの挿入] を選択することで空のブックマークが追加されるほか、コンテンツが選択された状態で [タグで囲む | ブックマーク] のメニュー オプションを選択することで、ブックマークを挿入することができます。アンカー タグは展開 (左側のスクリーンショット) ならびに縮退 (右側のスクリーンショット) することができます。

 

 

 


(C) 2019 Altova GmbH