バージョン 2011

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  新規機能: バージョン 2019 >

バージョン 2011

バージョン 2011 リリース 3

StyleVision バージョン 2011 リリース 3 の新規機能とアップデートは以下にリストされています。

 

Internet Explorer 9 互換性: StyleVision により Internet Explorer 9 (IE 9) がサポートされるようになりました。IE 9 でサポートされている CSS スタイルならびに HTML5 の要素が SPS デザインインターフェースでサポートされるようになりました。  HTML プレビューにて IE 9 によりレンダリングされた出力ドキュメントの結果が表示されます。プロパティ ダイアログは、SPS の IE 互換性を修正することができます。
イメージ書式のための向上されたサポート: TIFF、SVG、そして JPEG XR フォーマットのサポートが改善されました。

 

バージョン 2011 リリース 2

StyleVision バージョン 2011 リリース 2 の新規機能とアップデートは以下にリストされています。

 

複数の ドキュメントの出力: SPS により生成された出力を、複数のドキュメントに分割することができるようになりました。デザインにて新規ドキュメントテンプレートを作成し、これらテンプレートにコンテンツを配置していきます。各ドキュメントテンプレートにより、異なるドキュメントが出力として生成されます。
ユーザー定義 XPath 関数: XPath 関数の使用が許されているドキュメント内の場所で、ユーザーが XPath 関数を定義できるようになりました。
インラインデータからのイメージ: XML ドキュメント内に収められている Base-16 ならびに Base-64 によりエンコードされたテキストから、イメージを生成することができるようになりました。この機能により、イメージをテキストとしてソース XML ドキュメント内部に直接保管することができるようになりました。SPS によりテキストのデコードやイメージのレンダリングが行えるようになりました。
ASPX インターフェイスによる Web アプリケーション: この機能を使用することで、HTML ウェブページを素早く更新することができるようになります。ASPX アプリケーションに必要なファイルを、SPS から生成することができるようになりました。(更新されたデータを含む)ソースデータを、XSLT を介してウェブページへ動的に変換することにより、ウェブページ(.aspx ファイル)の更新が行われます。
コンボボックス: コンボボックスによるデザインが追加されました。コンボボックスのドロップダウンリストに表示される値と、XML ファイル内部にて対応する値を個別に指定することができます。

 

バージョン 2011 リリース 1

StyleVision バージョン 2011 リリース 1 の新規機能とアップデートは以下にリストされています。

 

CALS/HTML テーブル: これまで使用されてきた XML テーブル機能が改良され、 CALS/HTML テーブル という名前に変更されました。CALS または HTML テーブル構造が SPS デザインの DTD やスキーマで定義されている場合、デザインにて CALS/HTML テーブルが処理されるように指定することができます。これらテーブル構造が XML インスタンスファイル内に存在する場合、テーブルとして正確に出力されます。
XSLT からの新規作成: HTML に対応した XSLT や XSL-FO から SPS を作成することができるようになりました。XSLT 内にあるテンプレート構造ならびにスタイルが

 

 


(C) 2019 Altova GmbH