スタイル

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーインターフェイス > サイドバー >

スタイル

スタイルサイドバーでは、デザインビューにて選択された SPS コンポーネントに対して、CSS スタイルをローカルにて定義することができます。これはスタイルレポジトリサイドバーにてグローバルに定義されたスタイルとは異なるものです。

 

SS_Styles_Oview_Groups

 

 

スタイルサイドバーは、以下にある2つのパーツから構成されます:

 

左側には、スタイルカラムが表示されており、選択されたコンポーネントの型が表示されます。デザインビューでは複数のコンポーネントを同時に選択することができます。選択されたコンポーネントが、コンポーネントの型ごとにスタイルカラムに表示されます。同時に編集することができるのは、表示されているコンポーネントのうち1つだけです。選択されたコンポーネントに属するインスタンスが1つしか無い場合、そのインスタンスがスタイル適用に使用されます。同一コンポーネントの型に属する複数のインスタンスが選択された場合、選択された全てのインスタンスに対してスタイルが適用されます。スタイルは(選択されたコンポーネントの)各インスタンスに対してローカルにて適用されます。特定のインスタンスに対してのみスタイルの適用を行いたい場合、デザインビューにてそのコンポーネントインスンタンスを選択し、スタイルサイドバーにてスタイルの定義を行う必要があります。Shift キーが押下された状態で複数のコンポーネントを選択することで、連続した複数のコンポーネントを選択することもできます。コンポーネント型の選択に関する詳細については、次を参照してください: CSS スタイルをローカルに定義する
右側には、スタイル定義ペインが表示されており、スタイルカラムにて選択されたコンポーネントの CSS スタイルを定義することができます。スタイル定義ペインは、3つのビューで表示することができます。スタイル定義の詳細については、CSS スタイル値の設定 を参照ください。XPath アイコン ic_xpath により、スタイル値のソースとして XPath 条件式を使用することができます。スタイルプロパティが選択されており、XPath アイコンが有効になっている場合、XPath 条件式をプロパティに対して入力することで、XPath 条件式の値がスタイルプロパティの値として使用されます。これにより、XML ドキュメント内にあるノードの値を、プロパティの値としてランタイムに取得することができます。XPath アイコンが無効になっている場合、静的な値をプロパティの値として入力することができます。

 


 

定義表示のオプション

編集のニーズに合わせて、定義の表示を変更することができます。以下に示されるこれらの表示オプションは、ツールバーのボタンとコンテキスト メニューから選択することができます。

 

空でないリスト BtnNonEmpty: このオプションが有効になっている場合、左側のカラムで選択されているコンポーネントにおいて、値が与えられているプロパティだけがアルファベット順で表示されるようになります。オプションが無効になっている場合、すべてのプロパティが表示されます。このオプションにより、特定種類のコンポーネントに対してどのようなプロパティが定義されているか、簡単に確認することができます。選択されたコンポーネント型に対して新たなプロパティを定義するには、このオプションを無効にした状態で、空のプロパティへアクセスする必要があります。

 

すべて展開 BtnExpandAll: 左側で選択されたコンポーネントに対して、すべてのプロパティを右側のペインに表示します。このオプションは、空でないリストオプションと併用することができます。

 

すべて縮退 BtnCollapseAll: 左側で選択されたコンポーネントに対して、すべてのプロパティを縮退された状態で右側のペインに表示します。このオプションは、空でないリストオプションと併用することができます。

 


 

重要フラグの切り替えとツールバーアイコンのリセット

重要フラグの切り替えアイコン ic_toggleimportant をクリックすることで、選択された CSS ルールに対して !important という CSS 値をセットします。

 

 

 


(C) 2019 Altova GmbH