出力ビュー

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーインターフェイス > メインウィンドウ >

出力ビュー

出力ビュータブにより、(i) SPS から生成された XSLT-HTML スタイルシートと、(ii) XSLT スタイルシートを 作業用 XML ファイル に対して使用することで得られた HTML 出力のプレビューが表示されます。

 

HTML 出力ビュータブにあるドロップダウンボタンをクリックし、XSLT オプションまたは出力プレビューオプションを選択することで、HTML 出力ビュータブの表示内容を XSLT-HTML スタイルシートと HTML 出力のプレビューで切り替えることができます。

 

GUIMainWinStdOutput

 

XSLT ビュー

ビューには、現在アクティブな SPS により XSLT-for-HTML により生成された XSLT スタイルシートが表示されます。XSLT ビューが選択されるたびにスタイルシートは新たに生成されます。

 

出力ビュータブに表示されるスタイルシートには、行番号や展開/縮退アイコンも表示されます。左側の余白にある + ならびに - アイコンをクリックすることで、要素の展開/縮退を行うことができます。XSLT ビューに表示されたスタイルシートを編集することはできませんが、テキストの検索を行い(「 編集 | 検索」を選択)、クリップボードへのコピーを行うことはできます(「 編集 | コピー」を使用)。

 

メモ:SPS に対して使用して得られた出力が表示されます。 「ファイル | 生成されたファイルの保存」 コマンドを使用することで、個別に生成、保存することができます。

 

HTML プレビュー

HTML では、作業用 XML ファイル XSLT-for-HTMLに対して使用して得られた出力が表示されます。 HTML プレビュー タブ がクリックされるたびに、新たに作成されます。作成されるのは保存バージョンの作業用 XML ファイルで、 Authentic View にて編集される一時的なファイルではないことに注意してください。

 

作業用 XML ファイル が割り当てられていない状態で、 HTML 表示 タブにてHTML プレビューが表示された場合作業用 XML ファイルを割り当てるように促されます。 DB をベースにした SPS の場合、DB がロードされ、そこから一時的な(編集不可能な)XML ファイルが生成され、 作業用 XML ファイル として使用されるため、 作業用 XML ファイルを割り当てる必要はありません。

 

メモ: SPS から生成された出力ファイルは、個別に生成され、「 「ファイル | 生成されたファイルの保存」 コマンドを使用することで、ファイルの保存を行うことができます。

 

 

 


(C) 2019 Altova GmbH