デザインビュー内のテーブル

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  SPS ファイル: コンテンツ > テーブル >

デザインビュー内のテーブル

静的ならびに動的 SPS テーブルのコンポーネントを、テーブルマークアップが有効になっている状態(「テーブル | テーブルマークアップの表示」)で以下に示します:

 

TableSelections

 

上のスクリーンショットに示されるテーブルは、上から下に展開され、ヘッダーとフッターが含まれているという単純なものです:

 

下向きの矢印を含む長方形により、カラムのサインが示されます。カラムのサインはカラムの上位に配置されます。(そのカラムに対してフォーマットプロパティを割り当てるなどのために)カラム全体を選択するには、そのカラムのサインをクリックします。
行は、右向きの矢印が含まれるサインにより示されます。行のサインをクリックして、行全体を選択することができます。
上から下に展開されるテーブルでは、ヘッダーとフッターがそれぞれ上向き下向きのアイコンにより表されます(上のスクリーンショットを参照)。左から右へ展開されるテーブルでは、ヘッダーとフッターは、それぞれ左と右方向のアイコンアイコンにより表されます(下のスクリーンショットを参照)。
テーブル全体を選択するには、テーブルの左上(上、そして下にあるスクリーンショットにてマウスポインターが配置されている場所)をクリックします。
テーブル行またはカラムが選択されると、その背景が濃い青色でハイライトされます。上のスクリーンショットでは、フッターが選択されています。
上から下方向に展開されるテーブルでは、作成されたテーブルの要素がカラム-行グリッドの更に外側にある一番左側に表示されます(上のスクリーンショットを参照)。左から右方向に展開されるテーブルでは、作成されたテーブルの要素が、カラム-行グリッドの上に表示されます(以下のスクリーンショットを参照)。

 

TableSelectionsLR

 

カラムや行、またはテーブルが選択された後には、スタイルならびにプロパティを、スタイルまたはプロパティウィンドウにてそれぞれセットすることができます。


 

ドラッグ アンド ドロップ 機能

(静的または動的な)SPS テーブルのカラムと行をドラッグして、同一テーブル内にドロップすることで、位置を変更することができます。

 

行とカラムをテンプレートのタグで囲む/削除する

行またはカラムのサインを右クリックして、コンテキストメニューから「タグで囲む | テンプレート」または「タグで囲む | ユーザー定義テンプレート」を選択することで、行やカラムをテンプレートのタグで囲むことができます。その後スキーマツリーからノードを選択、または ユーザー定義テンプレートに対して XPath 条件式を入力することで、行やカラムの周りにテンプレートが作成されます。

TableRowColEnclose

 

行またはカラムの周りに配置されたテンプレートは、テーブル内にある行やカラムに影響を与えること無く削除することができます。テンプレートタグが選択されている状態で、Delete キーを押下してください。

 

行やカラムのコンテンツを削除すること無くテンプレートの削除を行い、必要とあらば行やカラムを別のテンプレートので囲むといったことを、テンプレートにより実現することができます。 ユーザー定義テンプレート を使用することで、行またはカラム内から(例えば自動計算を使用することで)テンプレートマッチの結果を使用することができます。

 

 

 

 


(C) 2019 Altova GmbH