レイアウトコンテナー

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  SPS ファイル: コンテンツ > レイアウト モジュール >

レイアウトコンテナー

レイアウトコンテナーは以下のような特徴を備えています:

 

ドキュメント内、つまりテンプレート内部に 挿入 することができます。また、ドキュメントデザインを含んでいるコンテナー内に挿入することもできます。
そのセクションに対して定義されたページの寸法に合わせる(レイアウトコンテナーの「用紙サイズに自動調整」プロパティ)ことができるほか、寸法を指定することができます。詳細については、レイアウトコンテナーのサイズ セクション参照ください。
レイアウトグリッドズーム機能 により、レイアウトコンテナー内にあるオブジェクトの位置を簡単に指定することができます。
境界線、背景色、フォントのプロパティといった スタイルプロパティ を、全てのコンテナーに対して指定することができます。
レイアウトボックスやラインを含める ことはできますが、その他のデザイン要素を含めることはできません(全てのデザイン要素はレイアウトボックス内部に配置する必要があります)。
青写真 を含めることで、テンプレートを作成するためのガイドとして使用することができます。青写真により表示されたイメージに、正確にマッチするようにデザインの配置を行うことができます。

 

メモ:レイアウトコンテナーは、Enterprise エディションの Altova 製品における Authentic View でしかサポートされません。

 

レイアウトコンテナーを挿入する

レイアウトコンテナーを挿入するには、 デザイン要素の挿入 ツールバー にあるレイアウトコンテナーの挿入アイコンをクリックした後に、レイアウトコンテナーを挿入する位置をクリックします。レイアウトコンテナーを用紙サイズに自動調整するかを決定するためのダイアログが表示されます。はいをクリックすることで、そのドキュメントセクションのページレイアウトプロパティにて定義されたページの寸法と同じ大きさがレイアウトコンテナーに対して与えられます。いいえをクリックした場合、デフォルトサイズの 3.5in x 5.0in のレイアウトコンテナーが作成されます。

 

レイアウトコンテナーは、SPS の作成時にも作成することができます。

 

レイアウトコンテナーのサイズ

レイアウトコンテナーの大きさは、以下の2つのプロパティにより決定されます:

 

用紙サイズに自動調整プロパティ(プロパティサイドバー、以下のスクリーンショットを参照): yes を選択することで、ドキュメントセクション内にあるページに対して使用される寸法がレイアウトコンテナーでも使用されます。no を選択すると、大きさをカスタマイズすることができるレイアウトコンテナーが作成されます。

 

LayoutConAutoFitPage

 

スタイルサイドバーのレイアウトから選択することができる詳細グループの height ならびに width プロパティにより、レイアウトコンテナーの大きさを指定することができます。レイアウトコンテナーの右ならびに下余白をドラッグすることでも、コンテナーの大きさを直接修正することができます。height ならびに width プロパティの値は、用紙サイズに自動調整プロパティの値が no になっている時にだけ有効になる点に注意してください。

 

レイアウトコンテナー グリッド

レイアウトコンテナー内にグリッドを表示させることで、アイテム間の間隔指定に使用することができます。以下の設定により、グリッドを使用することができます:

 

グリッドを表示/隠す : デザイン要素の挿入ツールバーにて、グリッドの表示を有効/無効にすることができます。
グリッドサイズ : オプションダイアログのデザインタブ にて、水平ならびに垂直方向の長さを指定することができます。非常に大きな値が入力された場合、グリッドが正確に表示されない場合もあることに注意してください。
グリッドへのスナップ : デザイン要素の挿入ツールバーにある切り替えコマンドにより、グリッドへのスナップ機能を有効または無効にすることができます。グリッドへのスナップ機能が有効になっている場合、レイアウトボックスの左上と、レイアウトボックスの終点がグリッドの線と点に対して配置されます。

 

ズーム機能

表示を拡大することで、オブジェクトの配置をより正確に行うことができます。(標準ツールバーにある)ズームコンボボックスを使用するか、Ctrl キーを押下しながらマウスホイールを使用することで、拡大率を変更することができます。

 

レイアウトコンテナー スタイルプロパティ

レイアウトコンテナーに適用することができるスタイルには、以下の2種類ががあります:

 

レイアウトコンテナーだけに適用され、承継されないもの(例: borderbackground-color プロパティ)。
レイアウトコンテナー内にあるレイアウトボックスに継承されるもの(例: フォントプロパティ)。

 

LayoutConStyles

 

レイアウトコンテナーのスタイルプロパティは、スタイルサイドバーにあるレイアウトコンテナーにてセットされます(上のスクリーンショットを参照)。

 

レイアウトコンテナーのコンテンツ

レイアウトコンテナー内に含めることができるデザインアイテムは、レイアウトボックスとラインに限られます。その他に、(デザイン要素ではない)青写真をデザインのガイドとしてレイアウトコンテナー内に配置することができます。その他のデザイン要素は全て、レイアウトボックス内に配置する必要があります。

 

青写真

SPS の作成中に、デザインのガイドとしてレイアウトコンテナー内に青写真を配置することができます。青写真には、レイアウトコンテナーの大きさに等しい大きさのイメージファイルが使用されます。青写真イメージがレイアウトコンテナーよりも小さい場合、デザイン内で指定された位置をオフセットとすることができます(以下のスクリーンショットにある青写真グループプロパティを参照ください)。青写真を使用することで、SPS デザインを青写真デザインで表現することもできます。この機能により、青写真で表示されているとおりにデザイン要素を配置することが可能になります。青写真はデザインビューだけに表示され、出力ビューで表示されることはありません

 

(プロパティサイドバーの)レイアウトコンテナープロパティにある青写真のプロパティグループから、青写真のプロパティへアクセスすることができます(以下のスクリーンショットを参照)。

 

LayoutConBlueprint

 

レイアウトコンテナーに表示される青写真の透明度を指定することで、デザインの邪魔にならないようにすることができます。青写真のイメージは、イメージを表示プロパティにて、必要に応じて表示/非表示を切り替えることができます。

 

 

 


(C) 2019 Altova GmbH