RaptorXML の使用

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  処理の自動化 >

RaptorXML の使用

Altova RaptorXML は、 最新の標準と並列計算の標準のための最適化のために構築された Altova の第三世代の超高速な XML と XBRL プロセッサーです。 XBRL processing is available only in RaptorXML+XBRL Server. 高度なクロスプラットフォームに対応し、エンジンは今日のマルチコアコンピューターに XML と XBRL データを処理するために高速な処理機能を提供します。

 

RaptorXML には以下の2つのエディションがあります:

 

ネットワーク上でアクセスすることができ、複数のファイルを1度に変換することのできる RaptorXML Server エディション.
ネットワーク上でアクセスすることができ、複数のファイルを1度に変換することができ、 XBRL 検証をサポートする RaptorXML+XBRL Server エディション。

 

RaptorXML に関する詳しい説明は、 次を参照してください: Altova Web サイト

 

一般的な使用例

StyleVision ユーザーにとり最も一般的な RaptorXML の使用例は、 XSLT 変換機能です。この機能は以下を行うために通常使用されます:

 

1.「ファイル | 生成されたファイルの保存」 コマンドを用いて、 XSLT スタイルシートは SPS から生成されます。 SPS ファイルから XSLT スタイルシートを生成するために RaptorXML を使用することはできないことに注意してください。
2.RaptorXML を使用して、 XML ドキュメントを変換するために生成された XSLT スタイルシートが使用されます。 RaptorXML を使用して HTML 出力を生成することができます。

 

RaptorXML の利点

RaptorXML を使用する利点を以下に示します:

 

RaptorXML には、高速な検証と XSLT 変換が搭載されており、大きなファイルを処理するために役に立ちます。
コマンドライン、COM、Java、.NET インターフェースによる簡単な使用。
バッチファイルや Windows のタスクスケジューラーにより、処理の自動化やスケジュール処理などを行うことができます。

 

XML ソースドキュメントからF出力ドキュメント (HTML など)の生成を自動化するために RaptorXML を使用する方法に関しては、次のセクションを参照してください: 自動処理の方法

 

RaptorXML の COM、Java、 と .NET インターフェイスの使用を含む RaptorXML に関する詳細は、次を参照してください: RaptorXML ユーザー ドキュメント

 


(C) 2019 Altova GmbH