FlowForce Server を使用した自動化

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  処理の自動化 >

FlowForce Server を使用した自動化

Windows、Linux、 と Mac OS システム上で使用することのできる Altova の FlowForce Server を使用して、ネットワーク上で変換を自動化することができます。このプロセスは以下のように作動します:

 

1.(ファイル | FlowForce へデプロイする コマンドを使用して) StyleVision から、 PXF ファイル .transformation ファイルとして FlowForce Server にデプロイ されます。 .transformation ファイル は、 SPS (内でデザインされたとおりに変換を実行するために必要な全てのファイルと情報を含んでいます。下の図では、デプロイは接続ラインにより表示されています。)
2..transformation ファイルが FlowForce Server にデプロイされた後、 .transformation ファイルを使用して、ジョブ定義内で指定されているトリガーに従い、変換を生成するジョブを FlowForce 内でジョブを作成することができます。 (トリガーは、例えば、毎日定時にトリガーするように設定することができます。)  (下のダイアグラムで表示されているように)  StyleVision 、または、 HTTP アドレスによりアクセスすることのできる Flow Force ジョブを FlowForce Web Server インターフェイスで作成することができます。FlowForce ジョブの作成に関する詳細は、次を参照してください: FlowForce ドキュメント.
3.実行時に FlowForce Server は、変換命令と関連するファイルを変換を行う StyleVision Server にパスします (下の図を参照してください)。

 

FlowForce ワークフロー内の StyleVision Server のや区割りは、下の図に表示されています  (Altova MapForce マッピングを実行のために Altova MapForce Server に転送する FlowForce ジョブも作成することができるため、 ワークフロー内での MapForce Server の役割も表示されています)。

 

Click to expand/collapse

 

FlowForce ジョブにより呼び出されない場合、 StyleVision をコマンドラインから呼び出すことができます。 使用方法は、 StyleVision Server ドキュメントで説明されています。

 


(C) 2019 Altova GmbH