条件と自動計算

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  SPS ファイル: 高度な機能 > 条件 >

条件と自動計算

条件と自動計算を組み合わせて使用する場合、いくつか留意するべきことがあります。重要な点を以下に示します:

 

表示されている条件(つまり真として選択された分岐)にある自動計算だけが評価されます
自動計算は条件の前に評価されます

 

上記の点をガイダンスとしてまとめたものを以下に示します:

 

1.自動計算によりノードが更新され、そのノードが条件に含まれている(条件分岐の XPath 条件式に含まれているか、条件添付がのコンテンツ内に含まれている)場合、自動計算ができる限り条件の外で行われるようにしてください。これにより、自動計算が常に(つまりどの条件分岐が表示されているかに関わらず)表示されるようになり自動計算が条件分岐の中にあり、その分岐が表示されない場合、
2.自動計算を条件の内部に配置する必要がある場合、(i) それが条件内にある全ての分岐に配置されるようにして、(ii) 全ての状況に対して条件の分岐が対応できるようにする必要があります。条件テンプレートにてカバーされない事象が仮に存在する場合、(自動計算が表示されているテンプレートに配置されないことにより)自動計算が行われないというリスクが発生します。
3.条件に応じて異なる自動計算を使用したい場合、全ての分岐において自動計算が使用されていることを確認してください。
4.条件テンプレートにて条件の順序は重要な意味を持つことに留意してください。最初に真と評価された条件分岐が実行されます。それ以外の条件は、定義された条件分岐が全て偽と評価されたときに実行されます。

 

 

 


(C) 2019 Altova GmbH