サンプル: Windows 7 にて動作するローカルホスト

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  SPS ファイル: 追加機能 > ASPX インターフェイスによる Web アプリケーション >

サンプル: Windows 7 にて動作するローカルホスト

以下に記述される操作手順により、ローカルホストに ASPX アプリケーションをセットアップします。詳細については、ASPX アプリケーションフォルダーにある Readme.doc ファイルを参照ください。このフォルダーならびにファイルは、SPS ファイルがアクティブな状態でメニューオプションから「ファイル | ウェブデザイン | ASPX ウェブアプリケーションを生成」コマンドを選択することにより生成されます。

 

RaptorXML のインストール

最新バージョンの AltovaXML がインストールされていることを確認してください。AltovaXML は Altova の変換エンジンで、(DB より生成された)XML ファイルの変換に使用されます。チャートの生成といった、StyleVision に搭載された機能のいくつかは、AltovaXML のバージョンによってはサポートされないという点に注意してください。

 

Internet Information Services (Microsoft Web サーバー) の有効化

Internet Information Service (IIS) が有効化されていない場合、以下の操作を行なってください。ステップ 5 により、IIS が有効になっているか確認することができます。

 

1.Windows のスタートボタンから「コントロールパネル | プログラムと機能 | Windows の機能の有効化または無効化」を選択します。
2.インターネットインフォメーションサービスのチェックボックスをクリックします。チェックボックスが部分的に有効となります。
3.インターネットインフォメーションサービス以下にある「World Wide Web サービス | アプリケーション開発機能 | ASP.NET」のチェックボックスにチェックを入れます。
4.「OK」 をクリックします。処理が完了すると:、C:\inetpub\wwwroot という名前のフォルダーが作成されます。これがウェブサーバーのルートフォルダーになります。
5.ブラウザーから localhost へアクセスすることで、IIS のウェルカムスクリーンを確認することができます。

 

StyleVision にて ASPX アプリケーションを生成する

以下の方法により ASPX アプリケーションを生成することができます:

 

1.データベースならびに SPS ファイルが同一のフォルダーにあることが推奨されます。
2.SPS ファイルが作成された後に、メニューオプションから「ファイル | ウェブデザイン | ASPX ウェブアプリケーションを生成」を選択します。
3.表示されるダイアログにて、C:\inetpub\wwwroot 以下にフォルダーを作成し、そのフォルダーを選択します(例: C:\inetpub\wwwroot\Test1)。
4.フォルダーの選択を確定すると、そのフォルダーに <FileName>.aspx<FileName>_AltovaDataBaseExtractor.csWeb.config ファイルが生成されます。

 

メモ:C:/inetpub/wwwroot フォルダー以下にファイルを保存する場合、管理者として StyleVision を起動する必要があります。StyleVision を終了して、StyleVision のアイコンを右クリックして、管理者として実行を選択してください。

 

生成されたアプリケーションと ASPX を関連付ける

以下の操作により、StyleVision により生成されたアプリケーションが、ASPX により認識されるようになります:

 

1.Windows のスタートボタンから「コントロールパネル | 管理ツール | インターネットインフォメーションサービス (IIS) マネージャー」を選択します。
2.接続パネルにてフォルダーを展開します(例: Test1)。この時点でのフォルダーアイコンは、標準的な黄色で表示されます。
3.フォルダーのコンテキストメニューから「アプリケーションへの変換」を選択します。ダイアログにて 「OK」 をクリックします。フォルダーのアイコンが球形アイコンになります。
4.接続パネルにあるツリーを展開して、アプリケーションプールを表示し、そのアイテムを選択します。
5.接続ペイン内にあるアプリケーションプールアイテムを選択することで表示される DefaultAppPool のコンテキストメニューから「詳細設定」を選択します。
6.ID プロパティからカスタムアカウントを選択し、Windows ユーザー名とパスワードを入力します。
7.32ビットアプリケーションの有効化プロパティの値を True にセットします(これによりデータベースドライバーがアクセスできるようになります)。このステップは64ビットの Windows を使用している場合にだけ必要になります。

 

アプリケーションを実行する

ブラウザーにて localhost/Test1/<FileName>.aspx へアクセスします(ASPX アプリケーションが保存されたフォルダー名が Test1 で、生成元の SPS ファイル名が <FileName>.sps の場合)。変換された HTML がブラウザーに表示されます。ブラウザーに表示されている ASPX ページを再ロードすることで、データベースや XML 内にある最新のデータからページが再度生成されます。

 

メモ:ブラウザーが応答待ち状態になるようであれば、AltovaXML ライセンスファイルが取得されていることを確認してください。

 

 


(C) 2019 Altova GmbH