.NET:静的メソッドと静的フィールド

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  付録 > XSLT と XPath/XQuery 関数 > その他の拡張関数 > .NET 拡張関数
 >

.NET:静的メソッドと静的フィールド

メソッド名と引数を与えることで、静的メソッドを直接呼び出すことができます。呼び出しに使用される名前は、クラス内にある public static メソッドと完全に一致する必要があります。関数の呼び出しに使用されたメソッド名と引数の数にマッチするものがクラス内に複数ある場合、与えられた引数が評価され、最もマッチするものが選択されます。マッチする結果が得られない場合、エラーが返されます。

 

メモ :.NET クラス内にあるフィールドは、引数を持たないメソッドとしてみなされます。プロパティは get_PropertyName() 構文により呼び出されます。

 

 

1つの引数とともにメソッド (System.Math.Sin(arg)) を呼び出す XSLT サンプルを以下に示します:

 

<xsl:value-of select="math:Sin(30)" xmlns:math="clitype:System.Math"/>

 

 

 

(引数なしのメソッドとしてみなされる)フィールド (System.Double.MaxValue() を呼び出す XSLT サンプルを以下に示します:

 

<xsl:value-of select="double:MaxValue()" xmlns:double="clitype:System.Double"/>

 

 

get_PropertyName() 構文を使って)プロパティ (System.String()) を呼び出す XSLT サンプルを以下に示します:

 

<xsl:value-of select="string:get_Length('my string')" xmlns:string="clitype:System.String"/>

 

 

1つの引数とともにメソッド ((System.Math.Sin(arg)) を呼び出す XQuery サンプルを以下に示します:

 

<sin xmlns:math="clitype:System.Math">

   { math:Sin(30) }

</sin>

 


(C) 2019 Altova GmbH