XPath/XQuery 関数: イメージに関連

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  付録 > XSLT と XPath/XQuery 関数 > Altova 拡張関数
 >

XPath/XQuery 関数: イメージに関連

以下のイメージに関連した XPath/XQuery 拡張関数は、 StyleVision の現在のバージョンによりサポートされています。また、次で使用することができます: (i) XSLT コンテキスト内の XPath 式、または (ii) XQuery ドキュメント内の XQuery 式。

 

関数の名前指定と言語の適用性

Altova 拡張関数はXPath/XQuery 式で使用することができ、 XPath、 XQuery、および XSLT 関数の標準ライブラリで使用可能な機能に更なる機能性を与えます。 Altova 拡張関数はAltova 拡張関数名前空間、 http://www.altova.com/xslt-extensions に収められており、 altova:プレフィックスが、このセクションでは使用されます。製品の今後のバージョンが拡張機能への継続的サポート、または個別の関数の振る舞いは変更する可能性があることに注意してください。 Altova 拡張機能へのサポートに関しては、今後のリリースのドキュメントを参照してください。

 

XPath 関数 (XSLT 内の XPath 式で使用 ):

XP1 XP2 XP3.1

XSLT 関数 (XSLT 内の XPath 式で使用):

Xslt1 XSLT2 XSLT3

XQuery 関数 (XQuery 内の XQuery 式で使用):

XQ1 XQ3.1

 

 

Click to expand/collapsesuggested-image-file-extension [altova:]

altova:suggested-image-file-extension(Base64String as string) を string? とする         XP3.1 XQ3.1

イメージファイルのBase64 エンコード を引数として、イメージのファイル拡張子を、イメージの Base64エンコード内の記録として返します。 返された値は、 エンコード内で使用することのできるイメージ型情報を基にしたヒントです。この情報が使用できない場合、空の文字列が返されます。この関数は、 Base64 イメージをファイルとして保存し、適切なファイル拡張子を動的取得する際に役に立ちます。

altova:suggested-image-file-extension(/MyImages/MobilePhone/Image20141130.01)'jpg' を返します。
altova:suggested-image-file-extension($XML1/Staff/Person/@photo)'' を返します。

 

上のサンプルでは、関数の引数として与えられたノードは Base64 エンコードイメージを含むと仮定します。最初のサンプルは jpg をファイルの型および拡張子として取得します。二番目のサンプルでは、与えられた Base64 エンコードは使用できる拡張子の情報を提供しません。

 

 

Click to expand/collapsemt-transform-image [altova:]

altova:mt-transform-image(Base64Image as Base64BinaryString, Size as item()+, Rotation as xs:integer, Quality as xs:integer) を Base64BinaryString とする         XP3.1 XQ3.1

Base64-エンコード イメージ を最初の引数として、変換された Base64-エンコード イメージを返します。第 2、第 3、第 4 引数は変換された以下のイメージパラメーターです: サイズ、回転、およびクオリティ。

 

サイズ引数には 3 つのサイズ変更のオプションがあります。

(X,Y)

絶対ピクセルの値。アスペクト率は保持されません。高さと幅は自動的にイメージの長いおよび短い辺に逢わされるため、高さと幅の指示は関係ありません。 2 つの整数アイテムのシーケンスとして値が入力されます。かっこが必要です。

X

X をピクセルの新しい長い辺として、イメージの縦横比のサイズ変更が行われます。アスペクト率は保持されます。値は整数で引用符なしで入力されます。

'X%'

元のディメンションの与えられたパーセンテージにイメージのサイズを変更します。値は文字列として引用符を付けて入力される必要があります。

回転は以下の値を持つことができます: 90、 180、 270、-90、 -180、 -270。 これらの値は回転の度数です。正の値はイメージを時計回りに回転させます。負の値はイメージを反時計回りに回転させます。  Altova Exif 属性 OrientationDegree を使用して、イメージの現在の回転の度数(0, 90, 180, 270) をイメージの Exif Orientation タグから取得することができます。ですが、 OrientationDegree 属性はデータの Orientation タグから取得されるため、 Exif データ内に Orientation タグが存在する場合のみ使用することができます。 (下の OrientationDegree 説明を参照してください)。
クオリティは、 0 から 100 の値で、 JPEG 圧縮の IJG クオリティスケールの値を参照していますが、クオリティのパーセンテージのインジケーターではありません。 サイズとクオリティのどちらかを優先すると、もう一方の優先度が下がります。フルカラーソースのイメージでは、 75 が通常最高値と見なされています。もし、 75 が満足のいく結果をもたらさない場合は、値を上げてください。

 

メモ: Exif データ が元のイメージに存在する場合、変換時に削除され、変換されたイメージには Exif データは存在しません。

 

 

mt-transform-image(Images/Image[@id='43'], '50%', 90, 75)
関数は、 43 の @id 値を持つイメージ子孫ノード内で Base64-エンコード 文字列として保管されているイメージを入力とします。関数は変換されたイメージを返します。変換されたイメージは 50% まで、サイズ変更され、時計回りに 90 度回転され、 75 のクオリティレベルを与えられます。
mt-transform-image(Images/Image[@id='43'], 400, 90, 75)
関数は前のサンプルと同じ結果を出しますが、長い辺は 400 ピクセルの特定の値に設定されています。元のイメージのアスペクト率は保持されます。
mt-transform-image(Images/Image[@id='43'], (400, 280), image-exif-data($XML1/$XML1/Images/ReferenceImage)/@OrientationDegree, 75)
このサンプルは、前のサンプルと同じイメージを選択し、同じクオリティ値 (75) を設定します。イメージのサイズは 400x280 ピクセルに設定されています。回転値は、 ノード内の Base64-エンコード イメージの @OrientationDegree 属性から得られます。

 

 

Altova XPath/XQuery エンジンはカスタム属性 OrientationDegree を Exif メタデータタグ Orientation から生成します。

 

OrientationDegree は標準 Exif タグ Orientation を 正数の値 (1、8、3 または 6) からそれぞれ対応する度数の値 (0, 90, 180, 270) へ下の図に示されているように変換します。 2、4、5、 7Orientation 値の変換はないことに注意してください。 (これらの向きはイメージ 1 を垂直方向中央軸で反転して、 2 の値を持つイメージを取得します。そして、このイメージを 90-度ごとに時計回りにジャンプさせそれぞれ 7、 4、 および 5 の値を取得します。)。

Click to expand/collapse

 

ImageWidth
ImageLength
BitsPerSample
Compression
PhotometricInterpretation
Orientation
SamplesPerPixel
PlanarConfiguration
YCbCrSubSampling
YCbCrPositioning
XResolution
YResolution
ResolutionUnit
StripOffsets
RowsPerStrip
StripByteCounts
JPEGInterchangeFormat
JPEGInterchangeFormatLength
TransferFunction
WhitePoint
PrimaryChromaticities
YCbCrCoefficients
ReferenceBlackWhite
DateTime
ImageDescription
Make
Model
Software
Artist
Copyright

------------------------------

 

ExifVersion
FlashpixVersion
ColorSpace
ComponentsConfiguration
CompressedBitsPerPixel
PixelXDimension
PixelYDimension
MakerNote
UserComment
RelatedSoundFile
DateTimeOriginal
DateTimeDigitized
SubSecTime
SubSecTimeOriginal
SubSecTimeDigitized
ExposureTime
FNumber
ExposureProgram
SpectralSensitivity
ISOSpeedRatings
OECF
ShutterSpeedValue
ApertureValue
BrightnessValue
ExposureBiasValue
MaxApertureValue
SubjectDistance
MeteringMode
LightSource
Flash
FocalLength
SubjectArea
FlashEnergy
SpatialFrequencyResponse
FocalPlaneXResolution
FocalPlaneYResolution
FocalPlaneResolutionUnit
SubjectLocation
ExposureIndex
SensingMethod
FileSource
SceneType
CFAPattern
CustomRendered
ExposureMode
WhiteBalance
DigitalZoomRatio
FocalLengthIn35mmFilm
SceneCaptureType
GainControl
Contrast
Saturation
Sharpness
DeviceSettingDescription
SubjectDistanceRange
ImageUniqueID

------------------------------

 

GPSVersionID
GPSLatitudeRef
GPSLatitude
GPSLongitudeRef
GPSLongitude
GPSAltitudeRef
GPSAltitude
GPSTimeStamp
GPSSatellites
GPSStatus
GPSMeasureMode
GPSDOP
GPSSpeedRef
GPSSpeed
GPSTrackRef
GPSTrack
GPSImgDirectionRef
GPSImgDirection
GPSMapDatum
GPSDestLatitudeRef
GPSDestLatitude
GPSDestLongitudeRef
GPSDestLongitude
GPSDestBearingRef
GPSDestBearing
GPSDestDistanceRef
GPSDestDistance
GPSProcessingMethod
GPSAreaInformation
GPSDateStamp
GPSDifferential

 

 

Click to expand/collapseimage-exif-data [altova:]

altova:image-exif-data(Base64BinaryString as string) を element? とする         XP3.1 XQ3.1

Base64 エンコード JPEG イメージを引数として、イメージの Exif メタデータを含む Exif という名の要素を返します。 Exif メタデータは Exif 要素の属性の値ペアとして作成されます。属性名は、 Base64エンコード内で検出された Exif データタグです。 Exif 仕様タグのリストは以下の通りです。ベンダー特有のタグが Exif データ内に存在する場合、タグとその値も属性値のペアとして返されます。標準 Exif メタデータタグに追加して (下のリスト参照) Altova 特有の属性値のペアもまた生成されます。 これらの Altova Exif 属性は以下のとおりです。

 

 

属性にアクセスするには、以下の関数を使用します:
image-exif-data(//MyImages/Image20141130.01)/@GPSLatitude
image-exif-data(//MyImages/Image20141130.01)/@Geolocation
全ての属性にアクセスするには、以下の関数を使用します:
image-exif-data(//MyImages/Image20141130.01)/@*
全ての属性の名前にアクセスするには、以下の式を使用します:
for $i in image-exif-data(//MyImages/Image20141130.01)/@* return name($i)
関数により返される属性の名前を検出するために役に立ちます。

 

 

Altova XPath/XQuery エンジンはカスタム属性 Geolocationを標準 Exif メタデータ タグから生成します。 Geolocation  は、4 つの Exif タグの連結です: 単位の追加された (下のテーブル参照) GPSLatitude、 GPSLatitudeRef、 GPSLongitude、 GPSLongitudeRef。

 

GPSLatitude

GPSLatitudeRef

GPSLongitude

GPSLongitudeRef

Geolocation

33 51 21.91

S

151 13 11.73

E

33°51'21.91"S 151°13'11.73"E

 

 

Altova XPath/XQuery エンジンはカスタム属性 OrientationDegree を Exif メタデータタグ Orientation から生成します。

 

OrientationDegree は標準 Exif タグ Orientation を 正数の値 (1、8、3 または 6) からそれぞれ対応する度数の値 (0, 90, 180, 270) へ下の図に示されているように変換します。 2、4、5、 7Orientation 値の変換はないことに注意してください。 (これらの向きはイメージ 1 を垂直方向中央軸で反転して、 2 の値を持つイメージを取得します。そして、このイメージを 90-度ごとに時計回りにジャンプさせそれぞれ 7、 4、 および 5 の値を取得します。)。

Click to expand/collapse

 

ImageWidth
ImageLength
BitsPerSample
Compression
PhotometricInterpretation
Orientation
SamplesPerPixel
PlanarConfiguration
YCbCrSubSampling
YCbCrPositioning
XResolution
YResolution
ResolutionUnit
StripOffsets
RowsPerStrip
StripByteCounts
JPEGInterchangeFormat
JPEGInterchangeFormatLength
TransferFunction
WhitePoint
PrimaryChromaticities
YCbCrCoefficients
ReferenceBlackWhite
DateTime
ImageDescription
Make
Model
Software
Artist
Copyright

------------------------------

 

ExifVersion
FlashpixVersion
ColorSpace
ComponentsConfiguration
CompressedBitsPerPixel
PixelXDimension
PixelYDimension
MakerNote
UserComment
RelatedSoundFile
DateTimeOriginal
DateTimeDigitized
SubSecTime
SubSecTimeOriginal
SubSecTimeDigitized
ExposureTime
FNumber
ExposureProgram
SpectralSensitivity
ISOSpeedRatings
OECF
ShutterSpeedValue
ApertureValue
BrightnessValue
ExposureBiasValue
MaxApertureValue
SubjectDistance
MeteringMode
LightSource
Flash
FocalLength
SubjectArea
FlashEnergy
SpatialFrequencyResponse
FocalPlaneXResolution
FocalPlaneYResolution
FocalPlaneResolutionUnit
SubjectLocation
ExposureIndex
SensingMethod
FileSource
SceneType
CFAPattern
CustomRendered
ExposureMode
WhiteBalance
DigitalZoomRatio
FocalLengthIn35mmFilm
SceneCaptureType
GainControl
Contrast
Saturation
Sharpness
DeviceSettingDescription
SubjectDistanceRange
ImageUniqueID

------------------------------

 

GPSVersionID
GPSLatitudeRef
GPSLatitude
GPSLongitudeRef
GPSLongitude
GPSAltitudeRef
GPSAltitude
GPSTimeStamp
GPSSatellites
GPSStatus
GPSMeasureMode
GPSDOP
GPSSpeedRef
GPSSpeed
GPSTrackRef
GPSTrack
GPSImgDirectionRef
GPSImgDirection
GPSMapDatum
GPSDestLatitudeRef
GPSDestLatitude
GPSDestLongitudeRef
GPSDestLongitude
GPSDestBearingRef
GPSDestBearing
GPSDestDistanceRef
GPSDestDistance
GPSProcessingMethod
GPSAreaInformation
GPSDateStamp
GPSDifferential

 

 

[ トップ ]

 


(C) 2019 Altova GmbH