このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova SchemaAgent 2020

前のセクション 内では、スキーマ book_order.xsd 内の スキーマ event_registration.xsd を、 複合型 personInfoType にカスタム番号を追加することにより再定義しました。このセクションでは、スキーマ book_order.xsd 内でこの再定義された複合型の使用方法について学習します。

 

spy_schema-overview-book-extended

 

ターゲットスキーマ内で再定義された型を使用する方法:

 

1. book_order.xsd のためのスキーマ概要内では、ルート 要素 book_order の 「ダイアグラムの表示」 ic_component アイコンをクリックします。

 

book_order_content_model

 

2.シーケンス要素をクリックして、コンテキストメニューから「子の追加 | 要素」 を選択します。

 

spy_add-child-element-book

 

3.「customerInfo」 をこの要素のための名前として入力します。

 

4.この要素を選択したままで、詳細の入力ヘルパー内で、 personInfoType ドロップダウンリストから選択します。  両方のスキーマからのコンポーネントは黒色で表示され、 その他は青色で表示されます。

 

spy_details-customerInfo

 

再定義済み型は、 book_order.xsd 内の要素として使用されています。

 

book_order_content_model2

 

再定義無しの型の使用方法

 

再定義リレーションシップ内で、ターゲットスキーマ内で再定義することなくソーススキーマからの型を使用することもできます。

 

ターゲットスキーマ内で型をそのまま使用する方法:

 

1. 要素 book_order のための「ダイアグラムの表示」では、内では、シーケンス要素を右クリックし、コンテキストメニューから「子の追加 | 要素」を選択します。

 

2."creditCardInfo" をこの要素のための名前として入力します。

 

3.この要素を選択したままで、詳細の入力ヘルパー内で、 creditCardInfoType ドロップダウンリストから選択します。

 

4.ファイルを保存します。

 

creditCardInfoType は、 book_order.xsd 内の要素の型として使用されています。

 

book_order_content_model3

(C) 2019 Altova GmbH