このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova SchemaAgent 2020

IIR リレーションシップの作成により、スキーマの要素を他のスキーマで使用できるようになります。 しかしながら、グローバルな 要素のみが他のスキーマで使用することができます。 チュートリアルのこのセクションでは、 XMLSpy を使用して、要素を異なるスキーマ内に含むことのできるグローバルな複合型にする方法について学びます。

 

要素をグローバルに含まれるようにする方法:

 

1.XMLSpy 内でイベント_registration.xsd を開きます

 

2.XMLSpy 内で、 要素 event_registration のための「ダイアグラムの表示」 ic_component アイコンをクリックしてコンテンツモデルを表示します。

 

ev_reg_content_model

 

3.personInfo 要素を右クリックし、コンテキストメニューから「グローバル化 | 複合型」を選択します。

personInfoType と呼ばれる新規のグローバル複合型が作成されます。

 

personInfoType_closed

 

注意点: 上のスクリーンショットで、「type」 が表示されるとおり表示されない場合、 以下のように継続します:

 

1.メニューオプション 「スキーマ設計 | 表示設定」を選択します。

 

2.「スキーマ表示構成」 ダイアログボックス内で、「定義済み」 ボタンをクリックします。

 

3.「OK」をクリックして確認します。

 

4.同様に、creditCardInfo 要素をグローバルな複合型にします。

これにより creditCardInfoType という名前の型が作成されます。

 

5.ファイルを保存します。

(C) 2019 Altova GmbH