インクルード型

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  SchemaAgent チュートリアル > XMLSpy を SchemaAgent クライアントとして使用する >

インクルード型

このセクションでは、ターゲットスキーマ内でインクルードされているスキーマの要素を使用する方法について学習します。この目的のために、ターゲットスキーマを開き、編集する必要があります。例えば、 XMLSpy 内の dvd_order.xsd など。

 

spy_schema-overview-dvd

 

スキーマにはインクルード セクションで説明されているとおり、2つのスキーマが接続されると自動的に追加されるインクルード ステートメントが含まれます。 チュートリアルの前のセクション で作成されたグローバルな複合型は、dvd_order.xsd 内で使用することができます。

 

dvd_order.xsd 内に personInfoType と creditCardInfoType をインクルードする方法:

 

1.XMLSpy 内で dvd_order.xsd を開きます.

 

2. XMLSpy 内で、要素 dvd_order のための 「ダイアグラムの表示」 ic_component アイコンをクリックしてコンテンツのモードを表示します。

 

dvd_order_content_model

 

3.シーケンス要素をクリックして、「子の追加 | 要素」を選択します。

 

spy_add-child-element

 

4.「customerInfo」 をこの要素のための名前として入力します。

 

5.この要素を選択したままで、詳細の入力ヘルパー内で、 personInfoType を型 ドロップダウンリストから選択します。 2つのスキーマ間のリレーションの一部であるコンポーネントは黒色で表示され、 その他は青色で表示されます。

 

spy_details-customerInfo

 

6.シーケンス要素を右クリックし 「子の追加 | 要素を選択します。

 

7.「creditCardInfo」 をこの要素のための名前として入力します。

 

8.この要素を選択したままで、詳細の入力ヘルパー内で、 creditCardInfoType を型 ドロップダウンリストから選択します。

 

9.ファイルを保存します。

 

スキーマ dvd_order.xsd 内の スキーマ event_registration.xsd から2 つの型がインクルードされました。

 

including_a_type


(C) 2019 Altova GmbH