このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova SchemaAgent 2020

SchemaAgent チュートリアル

アップデートされたリレーションシップの表示

スクロール ホーム トップ その他

このセクションでは、 このチュートリアルの過程でスキーマ間で作成されたリレーションシップをインクルードし再定義するために SchemaAgent Client を使用します。

 

design_tutorial-completed

 

アップデートされたリレーションシップの確認方法:

 

1.SchemaAgent Client 内で、ファイル event_registration.xsddvd_order.xsd、 と book_order.xsd を含むデザインタブをアクティブにします。

 

2.ファイルボックスのそれぞれ内で展開 ic_expand アイコンを使用して展開します。

 

3.ファイルボックスのそれぞれで、「globals」 展開 ic_expand アイコンをクリックします。

 

4.event_registration.xsd 内で、「complexType」を展開します。

 

5.dvd_order.xsd 内で、 「要素」 をクリックして、「customerInfo」 と 「creditCardInfo」が表示されるまでサブ要素を展開し続けます。

 

6.book_order.xsd 内で、 「再定義」 を展開し、「personInfoType」が表示されるまで、サブ要素を展開し続けます。

 

他のスキーマ内でインクルードされた、または、再定義された要素を確認することができます。

(C) 2019 Altova GmbH