このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova SchemaAgent 2020

SchemaAgent Client をインストールする場合、クライアント と  LocalServer がインストールされます。 SchemaAgent Client の起動プロセス中に LocalServer への接続が確立されます。

 

SchemaAgent Client を開始する方法

SchemaAgent Client を開始するには、 SchemaAgent アイコンをデスクトップ上でダブルクリック、または、「開始 | 「全てのプログラム」 メニュー を使用して、 SchemaAgent プログラムにアクセスします。 SchemaAgent Client はインターフェイス内で開かれているドキュメントが存在しない状態で開始され、 「SchemaAgent Server に接続」ダイアログボックスがポップアップします。

 

app_startup

 

インターフェイスの主要な部分に関するメモ:  エクスプローラーと概要ウィンドウは左側に、メインウィンドウは中央に表示されます。

 

LocalServer に接続する方法:

 

1.以下の内の1つを行ってください:

 

SchemaAgent アイコンをデスクトップ上でダブルクリック、「開始 | 全てのプログラム」 メニューを使用して、 Altova SchemaAgent 2020 | Altova SchemaAgent を選択します。

SchemaAgent Client が既に作動している場合、メニューオプション 「拡張機能 | サーバーへの接続」 を選択、または、「拡張機能」ツールバーから「サーバーへの接続」 ic_connect-to-server アイコンを選びます。

 

「SchemaAgent Server に接続」 ダイアログボックス が表示されます。

 

2.「ローカルで作業」を選択します。

 

3.「OK」をクリックします。

 

(C) 2019 Altova GmbH