このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova SchemaAgent 2020

インポート リレーションシップは、異なる名前空間を持つスキーマ内のスキーマからコンポーネントを再利用する際に使用されます。このセクションでは、 SchemaAgentExamples\Tutorial フォルダーのインポートサブフォルダー内に存在する次のスキーマ間のインポートリレーションが作成されます:

book_store.xsd: このスキーマは書店の住所、在庫の書く書籍の詳細アドレスを含むように構成されています。

library.xsd: このスキーマは図書館の住所、および、図書館内の各書籍の詳細(カード、カタログ番号、書籍の現在の貸出状況 )を含むように構成されています。

 

このサンプルを実行する過程で、 book_store.xsd から他の書籍の情報を含む library.xsd インポート 型が含まれるインポート リレーションシップが作成されます。

 

インポート リレーションシップの作成方法:

 

1.メニューオプション 「ファイル | 新規作成」を選択します。または、標準ツールバー内の 「新規作成」 ic_new アイコンをクリックします。または、 「Ctrl+N」 を押して、新規のデザインウィンドウを開きます。

 

2.エクスプローラー ウィンドウ内で、import フォルダーから book_store.xsdlibrary.xsd を選択し、 新規のデザインウィンドウにドラッグします。

 

3.book_store.xsd のファイルボックスの右側の小さな白色の三角形をクリックし、接続線を library.xsd のファイルボックスにドラッグします。

 

design_add-import

 

4.マウスボタンを文字 「インポート」 の上でリリースします。

 

design_import-connector

 

book_store.xsd から library.xsd を指す青色の矢印が表示されます。

この矢印はこれらのスキーマ間にインポート リレーションシップが作成されたことを示しています。

(C) 2019 Altova GmbH