SchemaAgent チュートリアル

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム > 

SchemaAgent チュートリアル

このチュートリアルでは W3C XML スキーマの短い概要が与えられており、 SchemaAgent の機能をフルに活用するための複数のタスクについての説明がされています。

 

以下について学習します:

 

SchemaAgent Client の正確なセットアップ する方法。
XML スキーマ間のリレーションシップである インクルードインポート、と 再定義 を作成する方法。
インクルード再定義、 と インポート
XMLSpy のみを使用して 型をインポートする方法
更新された リレーションシップ をビューする方法
MapForce デザイン (MFD) ファイルをビューする方法

 

インストールと構成ファイル

このチュートリアルは、使用中のコンピューターに SchemaAgent が成功裏にインストールされており、無料の評価 キーコードを受信済み、または、 登録済みのユーザーであることが前提とされています。 SchemaAgent の評価 バージョンは、全ての機能を使用することができますが、トライアル期間は30日間です。 安全な Web サーバーから標準のライセンスをリクエストすることができます。または、販売店で購入してください。

 

チュートリアルとサンプルファイル

チュートリアルファイルは マイ ドキュメント\Altova\SchemaAgentLocalServer2019\SchemaAgentExamples\Tutorial フォルダーで使用することができます。  サンプル フォルダーには、実験するための多種の XML スキーマおよびこのチュートリアルで使用される全てのファイルはチュートリアルフォルダー含まれています。各 Windows ユーザーアカウントのために、 個別の SchemaAgentExamples フォルダー と 構成ファイル が SchemaAgent が最初に起動された時に作成されます。これにより、コンピューター上の各ユーザーは個別の SchemaAgent 検索パスとサンプルファイルを持つことができます。


(C) 2019 Altova GmbH