このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova SchemaAgent 2020

ログウィンドウは、クライアントのリクエスト、サーバー レスポンス、および、他のサーバー に関連したデータを表示します。このデータは、(アクションの場合) 実行の時刻、または、(通知の場合)データ転送の時刻と共に表示されます。情報にクライアントが含まれる場合、クライアントは IP アドレスと共に表示されます。

 

tab_log

 

次の シンボルはログウィンドウ内で使用されています:

 

ic_requestクライアントからのリクエスト (青色、右向きの矢印)

 

ic_responseサーバーからのレスポンス (緑色、左向きの矢印)

 

ic_infoクライアントへの接続、または、接続の中断についての情報が表示されます。

 

(リクエストの)ソース クライアントと(レスポンスの) ターゲット クライアントはソース/ターゲット カラム内に表示されます。パラメーター/記述 カラムはアクションの種類を表示し、時刻カラムはアクションの時刻を表示します。

 

SchemaAgent Server 内で検索パスが変更される都度(例えば、検索パスのために 「再帰的」 オプションが無効化されている場合)、 SchemaAgent Server により変更されたファイル構造が全ての接続されたクライアントに送信されます。

 

検索パス内のフォルダーが、自身の構造を SchemaAgent Server の外部で変更された場合、(例えば、サブフォルダーがレポジトリから削除されている場合)この情報は SchemaAgent Server 内で、検索パスが再ロードされるまで更新されません。

 

「 <ファイル型> ファイルの読み取りに失敗しました」 メッセージは、指定された場所で見つからないファイルをインクルード、または、インポートする場合に表示されます。

(C) 2019 Altova GmbH