このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova SchemaAgent 2020

デザインウィンドウ内で単一のファイルを選択する場合、ファイルボックスは色を変更し、選択された ボックスはタイトルを異なる色で表示することによりフォーカスされます(スクリーンショット参照)。 オプション内の選択されたファイル内のために色を変更することができます。 下の記述では、 選択メカニズムはスキーマの参照を用いて説明されています。同じメカニズムが MFD ファイル と XML、 WSDL、と XSL ファイルに適用されることに注意してください。

 

design_single-selection

 

デザインウィンドウ内でスキーマを選択する方法:

 

スキーマボックス内の任意の箇所をクリックします。

 

複数のファイルを選択する方法

 

デザインウィンドウ内で、 複数のスキーマ MFD、または、 XML ファイルを選択することができます。選択されたファイルのタイトルバーは色を変更します。 ファイルの選択方法により、ファイルがどのようにフォーカスされるかが決定されます:

 

複数のファイルボックスを選択するために、 「Ctrl+click」 メソッドを使用すると、 最後に選択されたファイルボックスがフォーカスされます。

マーキーの選択 メソッドを使用すると、 カーソルが最後にパスするファイルボックスがフォーカスされます。

マーキーをファイルボックスをパスしないようにドラッグすると、ファイルはフォーカスを受け取りません。

 

design_multiple-selection-focus

 

デザインウィンドウ内で複数のスキーマを選択する方法:

 

以下の内の1つを行ってください:

 

「Ctrl」 キー が押されている間に選択するスキーマのスキーマボックスを選択します。

 

スキーマのスキーマボックス上のマーキーの選択 テクニックを使用します(必要とされる スキーマボックスの周りのマーキーの三角形をクリックしてドラッグします)。

 

フォーカスの変更方法

 

選択されたファイルがフォーカスを持つファイルに対して整列されるため、整列などの一部のアクションのために、フォーカスを設定することは重要です。 並べ替えなどの他のアクションのためにはフォーカスは 役に立ちません。

 

複数の選択内のフォーカスを変更する方法:

 

「Ctrl」 を押し、フォーカスを与えるファイルのボックスを2回クリックします。

 

関連付けられたファイルの選択方法

 

「コンポートの原点の表示」コンポーネントの使用方法の表示リレーションパスの表示 コマンドが使用されるとスキーマボックスも選択されます。

 

デザイン内の関連付けられたファイルを選択する他の方法は、ファイルを右クリックして、次のオプションの1つをコンテキストメニューの 「選択」 サブメニューから選択します。オプションのそれぞれに特定のファイル型へ選択を制限することのできる、または、全てのファイルを選択するためにファイルを選択するサブメニューが存在します。

 

直接参照付けられているすべて: 選択されたファイルにより直接参照付けられているすべてのファイルを選択します。

直接参照するすべて: 選択されたファイルを直接参照するすべてのファイルを選択します。

直接関連付しているすべて: 選択されたファイルにより直接参照される、または、選択されたファイルを直接参照するすべてのファイルを選択します。

参照されるすべて: 選択されたファイルにより直接、または、間接的に選択されるすべてのファイルを選択します。

参照しているすべて: 選択されたファイルを直接、または、間接的に参照するすべてのファイルを選択します。

関連しているすべて: 選択されたファイルを直接、または、間接的に参照する、または、選択されたファイルにより参照されるすべてのファイルを選択します。

リンクされているすべて: 選択されたファイルを直接、または、間接的に参照する、または、選択されたファイルによりリンクされるすべてのファイルを選択します。

 

または、デザインウィンドウ内でファイルを選択し、メニューオプション 「編集 | 選択」 を選択します。適切なサブメニュー内のオプションを使用して、デザインウィンドウ内で必要とするファイルを選択します。

 

メニューに加え、アクティブなデザインウィンドウ内の全てのファイルを選択するためにキーボード ショートカット 「Ctrl+A」 を使用することができます。

 

選択をコピーし貼り付ける方法

 

デザイン全体に選択範囲をコピーして張り付けることができます。 パスを使用すると、関連したスキーマを含む新規のデザインを作成する便利な方法となります。

 

選択項目を同期化する方法

 

選択されたファイルボックスのコンテキストメニューは、デザインウィンドウとエクスプローラー ウィンドウ内の選択を同期するオプションを提供します。  デザインウィンドウ内のファイルの名前を変更、削除、または、移動することができないため、 デザインウィンドウがアクティブの場合このコマンドはとても役にたちます。  ですから、 デザインウィンドウ内で、「同期の選択」 コマンドを選択すると、 デザインウィンドウ内で現在選択されているファイルは、エクスプローラー ウィンドウの階層型タブ、および、フラット タブ内でも選択され、エクスプローラー ペインを切り替え、必要とされるアクションが取られます。

 

注意点: 「同期の選択」は現在選択されているデザインウィンドウのみに適用され、開かれている全てのデザインウィンドウには適用されません。

 

選択を同期する方法:

 

以下の内の1つを行ってください:

 

階層型、または、エクスプローラー ウィンドウのフラットタブ、または、デザインウィンドウタブ内でファイルをダブルクリックします。

ファイルは他の2つのタブ内でも選択されます。

 

メニューオプション 「編集 | 同期の選択」を選択します。

 

デザインウィンドウ内で、ファイルボックスを右クリックし、 コンテキストメニューから「同期の選択」を選択します。

 

標準ツールバー内の 同期の選択 ic_synchronize-selection ボタンをクリックします。

(C) 2019 Altova GmbH