このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova SchemaAgent 2020

SchemaAgent Client 内で、参照内で指定されたロケーションで基本的なスキーマとしてゴーストスキーマを作成することができます。 基本的なスキーマは xs:schema 宣言のみを宣言するスキーマです。 ゴースト XML インスタンスは空の <root /> 要素を含む基本的な XML ファイルとして再作成されます。

 

参照 ステートメント内で定義されている場所で指定されているフォルダーが存在しない、または、検索パス内に存在しない場合、 「再作成」 コマンドを使用することはできません。 このソリューションにより、 IIR 、または、参照パスは正確に指定されているスキーマ 、または、 XML ファイル、を指すように修正されます。 しかしながら、再作成された基本的なファイルに適切なコンテンツを追加する必要があります。

 

スキーマの再作成の方法:

 

1.エクスプローラー ウィンドウ、または、デザインウィンドウ内で、ゴーストスキーマ を選択し、以下の内の1つを行ってください:

 

メニューオプション 「編集 | 再作成」を選択します。

 

右クリックして、コンテキストメニューから「再作成」を選択します。

 

同じ名前の基本的なスキーマは、 IIR ステートメント。内で指定されている場所にあります。

 

2.XMLSpy 内で基本的なスキーマを開き、適切なコンテンツを追加します。

 

XML ファイルの再作成の方法:

 

1.エクスプローラー ウィンドウ内で、ゴースト XML ファイルを右クリックして、コンテキストメニューから「再作成」を選択します。

同じ名前の基本的な XML ファイルが参照内で指定されている場所に作成されます。

 

2.XMLSpy 内で基本的な XML ファイルを開き、適切なコンテンツを追加します。

(C) 2019 Altova GmbH