このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova SchemaAgent 2020

デザインウィンドウ内の接続線を右クリックすると、クリックされたコネクタの方により異なる コンテキストメニューが開かれます:

 

リレーションを右クリックすると、ソース および/または ターゲットファイルを選択、または、、リレーションを削除することができるコンテキストメニューが開かれます。

 

mnu_context-IIR

 

コンポーネントのリレーション のためには、コンテキストメニューを使用すると、 ソース および/または ターゲットファイルを選択し、リレーションパスを表示し、対応するIIR リレーションとそれぞれの ファイルボックスを選択することができます。

 

mnu_context-component

 

両方のリレーションの型は同じ「選択」 サブメニューを持ちます。

 

mnu_context-sub-select

 

リレーションのためにソースおよび/または ターゲット ファイルボックスを選択する方法:

 

コンポーネントリレーションの IIR リレーションを右クリックし、次のオプションの1つをコンテキストメニューの「選択」 サブメニューから選択します:

 

ソース

ターゲット

ソース & ターゲット

 

対応するファイルボックス がデザインウィンドウ内で選択されます。

 

IIR リレーションの削除:

 

1.以下の内の1つを行ってください:

 

IIR 接続線を右クリックし、コンテキストメニューから削除 を選択します。

 

IIR 接続線を選択し、 削除 ボタンを押します。

 

IIR 接続線を選択し、 標準ツールバー内の削除 ic_delete アイコン をクリックします。

 

選択されたオブジェクトを本当に削除するのかを問うメッセージボックスが表示されます。

 

2.削除を確認するために、「はい」をクリックします。

 

コンポーネントリレーションのリレーションパスを表示する方法:

 

コンポーネントリレーションの接続線を右クリックし、コンテキストメニューから「リレーションパスの表示」を選択します。

 

SchemaAgent は、関連したコンポーネントとスキーマ間のリレーションの型を表示する接続線の間の接続線を選択します。 ソースのスキーマボックス、または、ターゲットコンポーネントが折りたたまれていると、リレーションを表示するために必要なレベルまで展開されます。

(C) 2019 Altova GmbH