このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova SchemaAgent 2020

色 タブにより、デザインウィンドウ内で使用される色をカスタマイズすることができます。 「デフォルトの値に戻す」 ボタンをクリックするとデフォルトの設定を復元することができます。

 

dlg_options-colors

 

背景色

このグループボックスにより、グラデーション背景とグラデーションの方向のための色を定義することができます。

 

コネクタの色

接続線の色 グループボックス内の色はファイルボックスの左右の矢印を指しています。 からのコネクタと接続の複数の異なる型を組み合わせたコネクタのために異なる色を定義することができます。接続線の色 グループボックス内で接続線の色自身は定義されます。

 

フォント色

SchemaAgent Client 内のテキストの異なる型のためにフォントの色を定義することができます。フォント自身とフォントサイズとスタイルは、フォント タブ内で定義することができます。

 

配色

配色 グループボックスは、編集のために次を選択することのできるドロップダウンリストを提供します:

XML スキーマ

XML インスタンス

スタイルシートの変換

Web サービス 記述

MapForce デザイン

個別のグループボックスはタイトルバーのための色を変更できる箇所でファイルボックスの個別のセクションのタイトルであるサブバーのための色が選択されていない、または、選択済みの場合使用することができます。

 

接続線の色

接続線の色 グループボックスは接続線自身を参照します。配色ドロップダウンリスト内の選択により、  異なるオプションを使用することができます:

 

XML スキーマ: インクルード、インポート、 再定義

XML インスタンス: スキーマ、スタイルシート

スタイルシートの変換: インクルード スタイルシート、 スタイルシート のインポート、 スキーマのインポート、 インラインのスキーマ

Web サービス 記述: WSDL のインポート、スキーマのインポート、 インラインのスキーマ

MapForce デザイン: スキーマ、 インスタンス、 WSDL

(C) 2019 Altova GmbH