このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova SchemaAgent 2020

ic_correct-reference-pathsCtrl+R

 

「参照パスの修正」 コマンドは、 選択されたスキーマボックスの IIR リレーション内で指定された場所に存在しない、参照されたファイルのために代わりの場所を検索 しようと試みます。 「拡張機能」 メニュー内でこのコマンドを有効化するために。 通知 ic_alert アイコンを デザインウィンドウ、または、エクスプローラー内でが表示されているスキーマボックスを選択する必要があります。 「参照パスの修正」 コマンドにより 「参照パスの修正」 ダイアログボックスが表示されます。

 

dlg_correct-reference-path

 

(C) 2019 Altova GmbH