このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova SchemaAgent 2020

「メニューバー」 には多種のアプリケーション メニューが含まれています。 次のコンベンションが適用されます:

 

メニュー内のコマンドを使用することはのできません。

一部のメニューコマンドは、追加のオプションをリストするサブメニューをポップアップします。 サブメニューを持つメニューコマンドはコマンド名の右側の右向きの矢印の先端(三角形)により表示されています。

メニューコマンドの一部は選択されたコマンドを実行するために必要とされる更なる情報をプロンプトするダイアログをポップアップする場合があります。このようなコマンドは コマンド名の後の省略記号 (...) により表示されています。

メニューコマンドにアクセスするには、メニュー名をクリックし、 コマンドをクリックします。 メニュー アイテムのためにサブメニューが存在する場合、メニュー アイテムにマウスポインターをポイントするとさびメニューが開かれます。

メニューはキーボードから適切なキーの組合せ、を押して開くことができます。各メニューのためのキーの組合せは「KEY」 が メニュー名内の下線の引かれた文字である箇所の 「Alt+KEY」 です。例えば、「ファイル」 メニューのためのキーの組合せは is 「Alt+F」です。

メニューコマンド (メニュー内のコマンド) は、以下を順番に選択することにより選択することができます (i) キーの組合せを持つメニュー (前のポイントを参照)、 (ii) 特定のコマンドのためのキーの組合せ (「KEY」 がコマンド名内の下線の引かれた文字である「Alt+KEY」)。 例えば、ファイルを開くには (「ファイル | 開く)、 「Alt+F」 を押し、「Alt+O」を押します。

特別なショートカット キー、または、キーの組合せ (Ctrl+KEY) を押して、直接メニューコマンドの一部を選択することができます。関連したショートカットを持つコマンドは、ショートカットキー、または、コマンドの右側にリストされるキーの組合せにより示されています。 例えば、ショートカットキーの組合せ 「Ctrl+N」 を使用して、新規のファイルを作成することができます。 エクスプローラー ウィンドウ内のファイルまたはフォルダーをショートカットキー 「F2」 を使用して名前を変更することもできます。

 

ツールバー

 

ツールバー にはメニュー内で見つかったコマンドのためのショートカットであるボタンが含まれています。 コマンド名はボタンにマウスポインターが置かれると表示されます。 コマンドを実行するために、  ボタンをクリックします。

 

ツールバー ボタンはグループ別に整理されます。 「ツール | カスタマイズ | ツールバー」 ダイアログ内、または、ツールバーを右クリックし 「カスタマイズ」 を選択すると、表示されるツールバーグループを指定することができます。 GUI 内で、ハンドル (または、タイトルバー) をスクリーン上の場所にドラッグすることにより、つるーバーグループを移動することもできます。 ハンドルをダブルクリックすると、ツールバーがアンロックされ、フロートした状態になります。  タイトルバーをダブルクリックすると、ツールバーが前のロケーションにドックされます。

 

ステータスバー

 

ステータスバーはアプリケーション ウィンドウの下に表示され (i) ファイルのロードに関するステータス情報、 と (ii) マウスのカーソルがポイントされると使用することのできるメニューコマンドとツールバー内のコマンドショートカットに関する情報。 SchemaAgent の 64 ビット バージョンを使用する場合、アプリケーション名の後に サフィックス (x64) を持つステータスバーにより表示されます。 32 ビット バージョンのためのサフィックスは存在しません。

(C) 2019 Altova GmbH