SchemaAgent Client ユーザーインターフェイス

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  SchemaAgent Client >

SchemaAgent Client ユーザーインターフェイス

SchemaAgent Client には2つのおおまかな部分に整理することのできる視覚的なインターフェイスです:

 

使用することのできる検索パスとファイルに関する情報を提供するエクスプローラー ウィンドウ。メインウィンドウ内で現在表示されているアクティブなデザインの箇所を表示する 概要ウィンドウ
デザインウィンドウサポートされた ファイル型の構造、および、 スキーマ間の既存の インクルート、インポート、再定義 (IIR) 、または、サポートされるファイルの間のリレーションシップ、 をそれぞれ視覚的に表示します。

 

app_client-interface

 

エクスプローラーと概要ウィンドウを、メニューバーとツールバーの下にドックすることができ、 また、メニューバーとルールバーの下で自由に整理することもできます(スクリーンショット参照)。位置とサイズは、ドラッグ、または、サイズ調整をして変更することができます。

 

このセクションでは、インターフェイスの広義な説明が行われています。多種のインターフェイスの詳細はこのドキュメントの後のセクションで記述されています。


(C) 2019 Altova GmbH