このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova SchemaAgent 2020

デザインウィンドウに スキーマをドラッグ すると、参照されたスキーマをドラッグアンドドロップを使用してデザインに追加して、インクルード、 インポート、 と再定義を作成することができます。  この目的のために、 各スキーマ、または、 MFD ファイルボックスには、タイトルバーの右側のボーダーにハンドルが存在します。

 

box_xml-schema

 

スキーマボックス ハンドルをクリックして、カーソルを、ス IIR テートメントが表示されるスキーマにドラッグすると、 IIR リレーションが 2つのスキーマ間に作成されます。 スキーマボックスにカーソルが置かれると、ターゲットスキーマは自動的に IIR エントリを展開し、を表示します。対応するエントリにカーソルをポイントすると、 SchemaAgent は自動的に名前空間をチェックして、ターゲットスキーマボックス内の許可されるリレーションをハイライトします。 この操作により、無効な IIR ステートメントがターゲットスキーマ内で作成されないことが保証されます。

 

design_create-include

 

ターゲットスキーマの必要とするセクションにカーソルを合わせリリースすると、インクルード、インポート、 または、再定義 リレーションが作成されます。コネクタをエントリにドロップしても太字に変更されない場合、選択された IIR リレーションシップが許可されない理由を説明エラーメッセージが表示されます。

 

dlg_invalid-IIR

 

IIR リレーションの作成方法:

 

1.IIR の作成を希望する スキーマのスキーマボックス ハンドルをクリックして、 IIR ステートメントが表示されるスキーマにカーソルをドラッグします。

最小化されると、 ターゲット スキーマボックスが展開され、 IIR エントリの上にコネクタをドロップできるようになります。

 

2.必要とする IIR エントリにカーソルをポイントします。

 

3.必要とする IIR エントリが太字で表示され、フレームが表示されると、 コネクタをドロップします。

IIR コマンドがスキーマに挿入され、IIR エントリの横にドロップダウンシンボルが表示されます。

 

4.任意で、スキーマ間で許可されている追加の IIR リレーションシップを作成します。

(C) 2019 Altova GmbH