IIR リレーションシップのデザイン

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  SchemaAgent Client >

IIR リレーションシップのデザイン

XML スキーマはスキーマをモジュール化する3つの主要なメソッドを提供します: インポート、 インクルード、 と再定義の3つのメソッドを略して IIR (Include、 Import、 Redefine) と称します。これらのメソッドのそれぞれに SchemaAgent Client 内で IIR を作成すると、 SchemaAgent により自動的にチェックされる特定の名前空間の必要条件が存在します。

 

IIR は以下のように使用されます:

 

インクルード は同じターゲット名前空間に所属するスキーマコンポーネント、または、ターゲット名前空間を持たないスキーマコンポーネントを含むために使用されます。 SchemaAgent デフォルトの色スキーマ内で、 インクルードは緑色のラインとして表示されます。
インポート は同じターゲット名前空間に所属するスキーマコンポーネント、または、ターゲット名前空間を持たないスキーマコンポーネントを結合するために使用されます。 インポートをしようして、スキーマロケーションとスキーマのための名前空間を定義します。これにより、ドキュメントインスタンスが両方の名前空間を含むことができるようになります。  SchemaAgent デフォルトの色スキーマ内で、 インポートは青色のラインとして表示されます。
再定義 は同じターゲット名前空間に所属するスキーマコンポーネント、または、ターゲット名前空間を持たないスキーマコンポーネントを結合し変更するために使用されます。再定義 により、 complexTypes などの外部スキーマ定義と宣言を取り込み、スキーマの表示内で変更することができます。SchemaAgent デフォルトの色スキーマ内で、 再定義は紫色のラインとして表示されます。

 

SchemaAgent の デザインウィンドウ内で、ドラッグアンドドロップを使用して、 IIR スキーマ間のリレーションシップを簡単に 作成、または、変更 することができます。SchemaAgent 内で始めから新規のスキーマを作成することができません。しかしながら、エクスプローラーウィンドウ内で新規のファイルを追加 しコンテキストメニューを使用して XMLSpy 内のスキーマを編集することができます。

 

注意点: デザイン内にデザイン内で他のスキーマと既存の IIR リレーションシップ を持つスキーマが挿入されるとコネクタが表示されます。


(C) 2019 Altova GmbH