このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova SchemaAgent 2020

» このレベルの上のトピックは存在しません «

SchemaAgent Client

スクロール ホーム トップ その他

SchemaAgent Client によりスキーマとサポートされた ファイル型間のリレーションとの間の IIR リレーションシップ (インポート、 インクルード、 と 再定義)を 作成、または、変更 する SchemaAgent デザインをビルドすることができます。

 

SchemaAgent デザイン内で、スキーマ、スキーマ-ベースの MapForce デザイン (MFD) ファイルとその関連付けられたスキーマリレーションシップ を確認することができます。更に、XSLT スタイルシートと WSDL ファイルを表示し、スキーマファイルを持つファイル、 XML インスタンス、 MFD ファイル間のリレーションを確認することができます。 SchemaAgent デザインは後に SchemaAgent Client 内で開き、編集することのできる SAD ファイルとして保存されます。 SchemaAgent Client にはドラッグアンドドロップなどの標準の GUI 技術を使用したサポートされるファイルを簡単にリンクすることのできる使用が簡単な 視覚的なユーザーインターフェイス が搭載されています。

 

変更されたファイルへの参照は関連付けられたファイル内でグローバルに更新するために、 SchemaAgent Client によりスキーマとその関連するファイルを (名前の変更 、移動、 削除 して)管理することができます。この機能により SchemaAgent Client は、多数の複雑な、関連付けられたスキーマを管理し、これらのスキーマ間のリレーションシップとリンクされる他のサポートされるファイルを編集する、パワフルなワークスペースとしての役割を果たすことができます。

 

SchemaAgent Client の作動のしくみ

 

SchemaAgent Client を SchemaAgent サーバーに接続します。 SchemaAgent 製品にインストールされている LocalServer 、または、 Altova の 無料の SchemaAgent Server 製品に接続することができます。これらの 2つのサーバーの主要な差分は、 LocalServer がにローカルマシンインストールされており、同じマシン上のクライアントにサーブし、 while SchemaAgent Server はネットワーク マシン上にインストールし、複数のクライアントにサーブし、詳細なログ情報を提供します。

 

サーバに接続後、 SchemaAgent Client は、それぞれの サーバー の 検索パス内でモニターされたファイルに関する情報を取得し、SchemaAgent Client のエクスプローラー ウィンドウ内でツリー構造 (階層型タブ、および、フラット)として検索パス内のフォルダーを表示します。 SchemaAgent Client 内では、 デザインウィンドウ内の SchemaAgent デザインにツリーからドラッグしてドロップすることができます。

 

デザインウィンドウ内で、スキーマとその関連するファイルの構成をビューし、 SchemaAgent デザインで サポートされるファイル間のリレーションシップをビルド することができます。2つのスキーマ間のリレーションシップをビルドし変更すると、新規の情報と共に実際のスキーマファイルが更新されるだけでなく、リレーションシップにより影響を受ける他のリンクされたスキーマも更新されます。

(C) 2019 Altova GmbH