このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova SchemaAgent 2020

直接関連付けられたファイルは、デザインウィンドウ内で実線の接続線により表示されます。

 

直接参照されたファイル

IIR ステートメントと共に直接参照されているファイルが存在します。 例えば、スキーマ B を参照するスキーマにインクルード ステートメントが存在する場合、スキーマ B は直接スキーマ A により参照されます。

 

box_direct-reference-XSD

 

XML ファイルは、1つまたは複数の XML スキーマ、または、XSLT スタイルシートを参照することができます。

 

box_direct-reference-xml

 

XSLT ファイルは XML スキーマをインポートすることができ、他の XSLT ファイルにインポート、または、インクルードすることができます。 更に、定義済みの1つまたは複数のインラインのスキーマを持つことができます。 これらのリレーションは直接的な参照です。

 

box_direct-reference-xslt

 

WSDL ファイルは、存在する他のインポートされた WSDL ファイルと XML スキーマ とインラインのスキーマを直接参照することができます。

 

box_direct-reference-wsdl

 

MFD ファイルは、ソースとターゲットスキーマ と XML インスタンスを直接参照することができます。

 

box_direct-reference-MFD

 

ファイルを直接参照する方法

この場合、 挿入されるファイルは、挿入されるファイルにより参照されている選択されたファイルである、 IIR ステートメントを持つ選択されたファイルを参照します。上のサンプルでは、スキーマ A はスキーマ B を直接参照しており、target.xsd は、Design File.mfd を直接参照しています。

 

すべての関連するディレクトリ

このオプションは直接的、及び、間接的に参照されているファイルに適用されます。

(C) 2019 Altova GmbH