このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova SchemaAgent 2020

コンポーネント、または、その型(コンポーネントの左側の矢印の先端(三角形)により表示されている) が別のスキーマ内で定義されていると、 または、(コンポーネントの右側の矢印の先端(三角形)により表示されている)他のスキーマにより使用されている場合、コンポーネントを右クリックするとコンテキストメニューは「コンポートの原点の表示」 (下のスクリーンショット参照) と 「コンポーネントの使用方法の表示」 オプション。を提供します。 スクリーンショット内では、 複合型 ipo:US-Address (青色)のテキストの色は、(デフォルトの 配色に従い) この複合型がインポートであることを示しています。

 

design_mnu-show-origin

 

「コンポートの原点の表示」 コマンドをコンテキストメニューから選択すると、ソーススキーマ内で関連した定義への接続線が選択され、 両方のスキーマ間のリレーション(インクルード、インポート、 または、再定義)を表示します。関連したスキーマボックス、または、セクションが折りたたまれているために、接続線が表示されていない場合、 SchemaAgent は、必要とされる接続線を表示するためにデザインを展開します。定義を含むスキーマボックスがデザイン内に存在しない場合、デザイン内では、メッセージが表示され、デザインにこのスキーマボックスを含むか否かが問われます。

design_IIR-show-origin

 

一方、 address.xsd のスキーマボックス内で、コンポーネント ipo:Address (複合型を右クリックし、) 「コンポーネントの使用方法の表示」を選択し、 ipo.xsd スキーマボックスがデザインに追加され、ipo.xsd 内のAddress 要素へのリンクが選択されます。

 

design_IIR-show-usage

 

コンポーネントの原点を表示する方法:

 

1.スキーマボックスのグローバルなセクション内で、MFD ファイルボックスの入力、または、出力セクション内でコンポーネントを右クリックし、 コンテキストメニューから「コンポートの原点の表示」を選択します。

 

2.現在の デザイン内にソースコンポーネントのスキーマが存在しない場合ポップアップされるメッセージボックス内の 「はい」  任意でをクリックします。

 

SchemaAgent は、関連したコンポーネントとスキーマ間のリレーションの型を表示する接続線の間の接続線を選択します。 コンポーネント ソースのスキーマボックスが折りたたまれていると、リレーションを表示するために必要とされるレベルまで展開されます。

 

コンポーネントの使用方法を表示する方法:

 

1.スキーマボックスのグローバルなセクション内で、 コンポーネントを右クリックし、コンテキストメニューから「コンポーネントの使用方法の表示」を選択します。

 

2.現在の デザイン内にソースコンポーネントのスキーマが存在しない場合ポップアップされるメッセージボックス内の 「はい」  任意でをクリックします。

 

SchemaAgent は、関連したコンポーネントとスキーマ間のリレーションの型を表示する接続線の間の接続線を選択します。 ターゲット コンポーネントのスキーマボックス が折りたたまれていると、リレーションを表示するために必要とされるレベルまで展開されます。

(C) 2019 Altova GmbH