このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova SchemaAgent 2020

検索パスの再ロード コマンドは検索パスを更新します。SchemaAgent の外部でファイルが変更された場合この機能は役にたちます。XMLSpy 内で

、または、検索パスの構造 が変更された場合などが挙げられます。 検索パス、または、ファイル拡張子が追加、編集、削除された後、検索パスの右側にアスタリスクが表示されます。ファイル拡張子と ic_reload-search-paths ボタンはパスの構成タブの下に表示されます。 これは現在ロードされている検索パスが更新される必要があることを示しています。

 

検索パスのリセット コマンドは最後に保存された設定への検索パスをリセットします。

 

検索パスの再ロード方法:

 

以下の内の1つを行ってください:

 

それぞれの SchemaAgent アプリケーションのパスの構成タブ内で、右クリックし、コンテキストメニューから「検索パスの再ロード」を選択します。

 

メニューオプション 「拡張機能| 検索パスの再ロード」を選択します。

 

「拡張機能」ツールバー内の 「検索パスの再ロード」 ic_reload アイコンをクリックします。

 

検索パスのリセットの方法:

 

それぞれの SchemaAgent アプリケーションのパスの構成タブ内で、右クリックし、コンテキストメニューから「検索パスのリセット」を選択します。

(C) 2019 Altova GmbH