このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova SchemaAgent 2020

デフォルトで、 SchemaAgent Client は、エクスプローラーウィンドウの階層型とフラットタブ内の次のファイル型を表示します:

W3C XML スキーマ

MapForce デザインファイル

XML ファイル

XSL と XSLT スタイルシート

Web サービス 記述言語 (WSDL) ファイル

 

パスの構成タブ内のファイル拡張子フォルダーには、従って、以下の 5つのサブフォルダーが存在します スキーマ、 MapForce、 XML、 XSL/XSLT、 と WSDL。 これらのフォルダーの3つはそれぞれ単一のエントリ(xsd、 mfd、または、 wsdl)を含みますが、XSL/XSLT と XML フォルダーにはそれぞれ 2つのエントリ—XSL と XSLT、 と xbrl と xml、 がそれぞれ表示されます。 サポートされるファイルのために追加のファイル拡張子を定義することができます。

 

ファイル拡張子の追加方法:

 

1.相対する SchemaAgent アプリケーションのパスの構成タブ内で、ファイル拡張子フォルダーのサブフォルダーの1つのファイル拡張子を選択し、以下の内の1つを行ってください:

 

右クリックし、コンテキストメニューから「ファイル拡張子の追加」を選択します。

 

「挿入」 キーを押します。

 

2.それぞれの フォルダーに 「newextension」 という名前のエントリが追加され、編集のために選択されます。

ic_reload-search-paths-red ボタンが点滅する赤い枠と共に表示されます。

 

3.希望するファイル拡張子を入力し 「Enter」を押します。

 

4.「検索パスの再ロード」 ボタンをクリックして、エクスプローラーウィンドウ内で新規に追加されたファイル拡張子を持つファイルを表示します。

 

ファイル拡張子の編集方法:

 

1.相対する SchemaAgent アプリケーションのパスの構成タブ内で、ファイル拡張子フォルダーのサブフォルダーの1つのファイル拡張子を選択し、以下の内の1つを行ってください:

 

右クリックし、コンテキストメニューから「ファイルの拡張子の編集」を選択します。

 

「F2」 を押します。

 

ファイル拡張子の名前が編集のために選択されます。

 

2.ファイル拡張子の名前を必要に応じて編集し、 「Enter」を押します。

ic_reload-search-paths-red ボタンが点滅する赤い枠と共に表示されます。

 

3.「検索パスの再ロード」 ボタンをクリックして、エクスプローラーウィンドウ内で変更されたファイル拡張子を持つファイルを表示します。

 

ファイル拡張子の削除方法:

 

1.相対する SchemaAgent アプリケーションのパスの構成タブ内で、 ファイル拡張子フォルダーのサブフォルダーの1つのファイル拡張子を選択し、以下の内の1つを行ってください:

 

右クリックし、コンテキストメニューから「ファイルの拡張子の削除」を選択します。

 

「削除」 を押します。

 

2.表示されるメッセージボックス内の 「はい」 をクリックします。

ic_reload-search-paths-red ボタンが点滅する赤い枠と共に表示されます。

 

3.「検索パスの再ロード」 ボタンをクリックして、エクスプローラーウィンドウから削除されたファイル拡張子を持つファイルを削除します。

(C) 2019 Altova GmbH