このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova SchemaAgent 2020

LocalServer 、または、 SchemaAgent Server により管理されるサポートされるファイルのセットはそれぞれデフォルトで マイ ドキュメント フォルダー内に保管される SchemaAgentServerCfg.xml という名前のファイル内で定義されています。

 

このファイルは 検索パス と、スキーマファイルのためにスキャンされるパス、または、フォルダーを定義します。 SchemaAgentServerCfg.xml ファイルは以下のようになります:

 

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>

<SearchPaths XMLSchema=".xsd" MapForce=".mfd" XML=".xbrl,.xml" XSL=".xsl,.xslt" WSDL=".wsdl">

<Path recursive="1" user="" auth="000000">s:\schemas-mydir\</Path>

<Path recursive="0" user="" auth="000000">X:\schemas\</Path>

<Path recursive="1" user="" auth="000000">http://test.webdav.org/dav</Path>

<Path recursive="1" user="" auth="000000">\\Server1\Share1\Dir1\Schemadata</Path>

<Path recursive="1" user="jsmith" auth="k04EKS">ftp://myftpserver</Path>

</SearchPaths>

 

定義することのできる検索パスの数量には制限が無く、検索パスはローカル マシン、 ネットワークパス (マップされたドライブ文字と UNC パス)、 と WebDAV サーバーと FTP アクセス上のフォルダー上のパスを含むことができます。

 

検索パスの定義後、 LocalServer 、または、 SchemaAgent Server はそれぞれ個別の検索パス内のファイルの拡張子の定義を取得し、検索パス内でサポートされるファイル間のリレーションシップの内部マップをビルドします。SchemaAgent クライアントがファイルのリレーションシップについてデータを表示するようにするリレーションシップのマッピングが視覚的に表示されます。更に、このマッピングは IIR、または、ファイル 操作への変更が SchemaAgent クライアント内で行われると、 検索パス内で関連付けられたファイル内でこのような変更を自動的に更新できるようにするマッピングでもあります。

(C) 2019 Altova GmbH