このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova SchemaAgent 2021

» このレベルの上のトピックは存在しません «

はじめに

スクロール ホーム トップ その他

Altova SchemaAgent 2021 は複数のスキーマを管理し、 視覚的なユーザーインターフェイス 内から W3C XML スキーマ間のリレーションシップをビルドすることができる Altova の技術です。SchemaAgent は Altova MapForce デザイン (.mfd) ファイルとその関連付けられたスキーマ と XSL 、または、 XSLT スタイルシートと WSDL ファイル間のリレーションシップの表示をおこないます。XSLT スタイルシートと WSDL ファイルのためにリレーションシップと依存関係をビューして変更することができます。

schemaagent

Altova の SchemaAgent テクノロジーは 2つのコンポーネントにより構成されています:

 

SchemaAgent サーバーはサポートされるファイルをネットワーク上の1つまたは複数の SchemaAgent Client にサーブします。ローカル サーバーは SchemaAgent Client と共にインストールすることができ、また、独立したAltova SchemaAgent Server インストール、または、サービスとして作動します。

SchemaAgent Client> は、 SchemaAgent サーバーによりサーブされるファイルへのアクセスを提供するグラフィカルなユーザーインターフェイスを持つアプリケーションです。。貼り付けとドラッグアンドドロップなどの標準の GUI メカニズム を使用して SchemaAgent Client ユーザーは、ファイル間のリレーションシップを簡単にビルドし、複数のファイル間での、パス参照などの大きな規模の変更を行うことができます

 

SchemaAgent テクノロジーを Altova XMLSpy® エディター 内でも使用することができます。XMLSpy は LocalServer または SchemaAgent Serverを持つ SchemaAgent Client と通信します。

 

Altova 製品範囲内の SchemaAgent

SchemaAgent Server と SchemaAgent Client は、 Altova Web サイトの SchemaAgent ダウンロードページから個別にダウンロードし個別にインストールすることができます。SchemaAgent Server を無料で使用することができますが、SchemaAgent Client は Altova から購入するライセンスを必要とします。

 

Altova® MissionKit™ 2021 Enterprise Edition には SchemaAgent 製品 と ライセンスキーが含まれています。 。SchemaAgent Server アプリケーションは、しかしながら、Altova® MissionKit™ 2021 パッケージの一部として含まれておらず、 Altova Web サイトの SchemaAgent ダウンロードページからダウンロードされる必要があります

 

SchemaAgent を XMLSpy と使用するためには、SchemaAgent Client は XMLSpy と同じマシン上にインストールされる必要があります。SchemaAgent Server は、ネットワーク上の陰々の場所にインストールすることができます。Altova® MissionKit™ 2021 アプリケーションとは個別に購入された場合 XMLSpy Enterprise Edition と XMLSpy Professional Edition は SchemaAgent を使用することができます。

 

メモ:SchemaAgent 、または、 SchemaAgent> に関連した (XMLSpy> を含む) Altova の製品は、バージョン 2005 リリース 3 から、 SchemaAgent 、または、 SchemaAgent に関連した前の製品のバージョンとのとの互換性を持ちません。

 

最終更新日: 2021年02月23日

(C) 2015-2021 Altova GmbH