Windows へのインストール

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  RaptorXML のセットアップ > Windows でのセットアップ  >

Windows へのインストール

RaptorXML+XBRL Server は Windows システムへインストールすることができます。インストールとセットアップについては以下で説明されます。

 

Click to expand/collapseシステム必要条件

プラットフォーム更新済みの Windows 7 SP1、Windows 8、Windows 10

 

プラットフォーム更新済みの Windows Server 2008 R2 SP1 または以降

 

 

Click to expand/collapseRaptorXML+XBRL Serverのインストール

RaptorXML+XBRL Server の Windows システムへのインストールは以下の手順で行います:

 

個別のスタンドアロンサーバー製品は RaptorXML+XBRL Server と称されます。 RaptorXML+XBRL Server をインストールするには、 RaptorXML+XBRL Server のインストーラーをダウンロードして実行してください。スクリーンの手順に従ってください。
FlowForce Server インストールパッケージの一部として [[ FlowForce Server is an Altova application that schedules different types of jobs, including Altova server product jobs. When installing FlowForce Server, therefore, Altova server products (including RaptorXML+XBRL Server) can also be installed. Each server product will be installed in a separate program folder ]]FlowForce Server パッケージの一部として RaptorXML+XBRL Server をインストールするには、 FlowForce Server インストーラーをダウンロードして実行します。 RaptorXML+XBRL Server のインストールオプションを確認して、スクリーンの手順に従ってください。

 

RaptorXML+XBRL Server と FlowForce Server  のインストーラーは Altova ダウンロードセンター (http://www.altova.com/ja/download.html) で入手でき、必要な登録手続きとともに製品をインストールすることができます。

 

インストール後、実行可能な RaptorXML+XBRL Server はデフォルトで以下で見つけることができます:

 

<ProgramFilesFolder>\Altova\RaptorXMLXBRLServer2019\bin\RaptorXMLXBRL.exe

 

COM インターフェイスおよび.NET 環境を介して RaptorXML+XBRL Server を使用するために必要な登録はインストーラにより行われます。この手順には、実行可能な RaptorXML+XBRL Server の COM サーバーオブジェクトとしての登録、 (Java インターフェイス使用のための) RaptorXMLLib.dll  の WINDIR\system32\ ディレクトリ内でのインストール、 Altova.RaptorXML.dll ファイルを .NET リファレンスライブラリへの追加などが含まれます。

 

 

Click to expand/collapseAltova LicenseServer
RaptorXML+XBRL Server が作動するためには、ネットワークの Altova LicenseServer からライセンスを供与される必要があります。
RaptorXML+XBRL Server または FlowForce Server  [[ For more information about  FlowForce Server, see the previous point, 'Installing RaptorXML+XBRL Server' ]] Windows システムにインストールするには、 Altova LicenseServer をRaptorXML+XBRL Server または FlowForce Server  [ For more information about  FlowForce Server, see the previous point, 'Installing RaptorXML+XBRL Server' ]をダウンロードしてインストールするオプションがあります。
Altova LicenseServer が既にネットワークにインストールされている場合、新しいバージョンのAltova LicenseServer が必要ない限り、再度インストール必要はありません。 (次のポイント’, LicenseServer のバージョンを参照してください。)
RaptorXML+XBRL Server または FlowForce Server  [ For more information about  FlowForce Server, see the previous point, 'Installing RaptorXML+XBRL Server' ] のインストール中、適宜 Altova LicenseServer のインストールのオプションをチェックしてください。

 

RaptorXML+XBRL Server の Altova LicenseServerへの登録とライセンス供与の詳細に関しては、セクション Windows でのライセンス を参照してください。

 

 

Click to expand/collapseLicenseServer バージョン
Altova サーバー製品はインストールされた RaptorXML+XBRL Server バージョンに適切な LicenseServer のバージョン、または、LicenseServer の最新のバージョンが必要です。
RaptorXML+XBRL Server の特定のバージョンに適切な LicenseServer のバージョンがRaptorXML+XBRL Serverのインストール中表示されます。
LicenseServer の新しいバージョンをインストールする前に、古いバージョンはアンインストールされる必要があります。 LicenseServer インストーラーは古いバージョンを検出すると自動的に行います。
LicenseServer バージョンは下位互換性があります。RaptorXML+XBRL Server の全ての古いバージョンと作動します。
RaptorXML+XBRL Server の新しいバージョンをインストールする場合、そして、インストールされている LicenseServer バージョンが適切な LicenseServer バージョンより古い場合、 Altova Web サイトから利用可能な最新バージョンをインストールします。
LicenseServer をアンインストールする際、古いバージョンの LicenseServer のすべての登録とライセンス情報はサーバーマシーンのデータベースに保存されます。このデータは新しいバージョンがインストールされる際、自動的に新しいバージョンにインポートされます。 
現在インストールされている LicenseServer のバージョン番号は LicenseServer 構成ページ (全てのタブ) の下部にあります。

 

現在のバージョン: 3.2

 

 

Click to expand/collapseトライアル ライセンス

インストール中、30 日間のRaptorXML+XBRL Server のトライアル ライセンスをリクエストすることができます。リクエストを送信すると、登録した電子メールアドレスにトライアル ライセンスが送信されます。

 

Click to expand/collapseアプリケーション フォルダの場所

アプリケーションは以下のフォルダーにインストールされます:

 

Windows 7、 8、10

C:\Program Files\Altova\

64 ビット OS 上の 32 ビットバージョン

C:\Program Files (x86)\Altova\

 


(C) 2019 Altova GmbH