ENUMLoadSchemalocation

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  サーバー API: HTTP、COM/.NET、Java > サーバー API レファレンス > 列挙 >

ENUMLoadSchemalocation

スキーマロケーションがどのように決定されるかを示します。 XML または XBRL インスタンスドキュメントのスキーマロケーション属性をベースに選択されます。 この属性は xsi:schemaLocation または xsi:noNamespaceSchemaLocation であることができます。

 

eSHLoadBySchemalocation はXML または XBRL インスタンスドキュメント内のスキーマロケーションの URL を使用します。 列挙リテラルはデフォルトの値です。
eSHLoadByNamespacexsi:schemaLocation の名前空間の部分を使用し、 xsi:noNamespaceSchemaLocation の場合は空の文字列を使用し、カタログマッピングを介してスキーマをロケートします。
eSHLoadCombiningBoth: 名前空間または URL のどちらかがカタログマッピングを有する場合、  そのカタログ マッピングが使用されます。 双方がカタログマッピングを有する場合、 ENUMSchemaMapping の値がどちらのマッピングを使用するか決定します。 名前空間と URL の双方がカタログマッピングを有しない場合、 URL が使用されます。
eSHLoadIgnore: xsi:schemaLocationxsi:noNamespaceSchemaLocation 属性は両方とも無視されます。

 

COM and .NET

 

 

eSHLoadBySchemalocation

= 0

eSHLoadByNamespace

= 1

eSHLoadCombiningBoth

= 2

eSHLoadIgnore

= 3

 

使用例

 

インターフェイス

プロパティ

IXBRL

SchemalocationHints

IXMLValidator

SchemalocationHints

IXSLT

SchemalocationHints

 

Java

public enum ENUMLoadSchemalocation {

      eSHLoadBySchemalocation

      eSHLoadByNamespace

      eSHLoadCombiningBoth

      eSHLoadIgnore }

 

 

使用例

 

クラス

メソッド

XBRL

setSchemalocationHints

XMLValidator

setSchemalocationHints

XSLT

setSchemalocationHints

 


(C) 2019 Altova GmbH